ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > 宮城大生リアルライフ(太白キャンパス一人暮らしの場合)

宮城大生リアルライフ(太白キャンパス一人暮らしの場合)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月25日更新

充実したカリキュラムに加え、多様なサークル活動も成長の糧に

食産業学部食産業学部
環境システム学科2年
高田 南さん
大阪府 清風高等学校出身

旅行で訪れた仙台の街に惹かれ大阪から進学。食べることが大好きというシンプルな理由から食産業学部を志望しました。食糧生産基盤を踏まえた都市設計に魅力を感じ、将来は公務員を目指す予定です。

美味しい野菜を育てています!

おいしい野菜“食”に関するサークルに複数所属中。その一つのサークル「大地くん」では、じゃがいも、トマト、モロヘイヤなど季節の野菜を手塩にかけて育てています。収穫した大根は、仙台味噌をのせた風呂吹き大根に調理して皆で美味しくいただきました。
 

キャンパスで一番好きな場所。

一番好きな場所w180

好きな食材を持ち込んで自由に調理できるラウンジは、食産業学部生の憩いの場。夏はそうめん大会、秋は芋煮会と、学科やサークルの仲間と大活用しています。出来上がった料理を囲んで、遅い時間まで話し込むこともしばしばです。

普段の時間割・目標への挑戦

太白一人暮らし

時間割 

太白

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)