ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 学生生活 > パソコン必携について

パソコン必携について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

宮城大学では,学群・学類を問わず,授業や各種レポートの作成などにパソコンを使用するため,平成29年度学群新入生から全学群でノートパソコンを必携としています。

パソコンは個人で準備していただくことになりますので,経済的な御負担をお願いすることになりますが,何卒御理解をお願いいたします。

準備いただくパソコンの要件については,以下のとおりです。これらの要件を満たしたノートパソコンを既にお持ちの場合は,新たに購入される必要はありません。

入学までに準備いただくパソコンの要件(平成31年度学群新入生)

1 容易に持ち運びができるノート型のパソコン又はタブレット型であること。

2 オペレーティングシステム(OS)の要件

・Windows 10(64bit版)が動作すること(Windows 10Sは不可)。

・Apple社のMac機の場合,各自でWindows10のライセンスを購入し,仮想化ソフトウェア(VirtualBox等Mac機にWindowsをインストールすることができるソフトウェア)を用いて,Windowsを使えるようにすること。

・Windowsの表示言語に日本語を含むこと。

3 性能の要件

・Microsoft Office 2016(Word, Excel, PowerPoint)が快適な速度で動作すること。

※Microsoft Officeがインストールされていない機種を購入する場合は,入学後に大学所有のライセンスでインストールできるので,新規にライセンスを購入する必要はありません。(インストール作業は教員指導のもと各自で行います。)ただし,大学所有のライセンスでインストールした場合,卒業等の際にアンインストールする必要があります。

・具体的には以下の仕様を推奨します。

CPUIntel Core i5(第6世代)1.6GHz以上又は同程度のスペックを有すること。
メモリ8GB以上
外部記憶装置

SSDの場合,256GB以上

HDDの場合,500GB以上(SSDをお勧めします)

・事業構想学群価値創造デザイン学類では,2年次以降の講義の中で,専門的なソフトウェアの使用を予定しております。(これらは全員の学類決定後に,必要に応じてインストールを指示しますので,入学前にこれらをインストールする必要はありません。)この中にはマシンパワーを必要とするソフトウェアもありますので,AO入試合格者で価値創造デザイン学類に入学する学生,及び事業構想学群に入学する学生で価値創造デザイン学類を選択する可能性がある学生は,上記にとらわれず,なるべく処理能力の高いパソコンにしておくことをお勧めします。

4 無線LANの要件

・IEEE 802.11n又はacの規格で無線ネットワークに接続できること。

・5GHz対応であること。

5 セキュリティの要件

・Windowsに組み込みのWindows Defender又は別に導入するウイルス対策ソフトウェアを有効にしてください。ただし,二つ以上のウイルス対策ソフトウェアを同時に有効にしないでください。

・導入後は常にOSのアップデートを行い最新の状態で使用してください。

6 その他

・4月上旬に開催するオリエンテーション時には,必ず事前にOSのアップデートを実施し,最新の状態にして参加してください。

・マウスは,なるべく有線式にしてください。

・タブレット型のパソコンの場合は,外付けキーボードも準備してください。

・パソコンはどちらで購入いただいても構いません。なお,在学中の故障等への対処として長期保証への加入をお勧めします。

・価値創造デザイン学類で使用を予定しているソフトウェアの例。ただし,以下のすべてのソフトウェアを使用するのではなく,選択したコースや講義演習によって使用するソフトウェアが違います。

モデリング・CAD

SketchUp, Vectorworks, AutoCAD, Rhinoceros, Fusion 360等

グラフィクス

Adobe Illustrator, Photoshop等

プログラミング

Visual Studio, Xcode, Unity, Arduino IDE等

大規模データ処理

GNU R等

問い合わせ先

 情報・施設グループ 022-377-8547
 教務第2グループ 022-377-8212
 学生支援グループ 022-377-8211