ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高校生・受験生向けサイト > フードマネジメント学類

フードマネジメント学類

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

おいしい食品,栄養価に富む食品,安全安心な食品を開発し,低コストで新鮮なまま消費者の手へ。フードマネジメント学類

安全で安心な食品を安定的に供給できるフードシステムの構築をめざします。そのために必要なサイエンスとビジネスの両面にわたる知識を持ち,複眼的思考により食産業の問題解決に当たる人材を育てます。

「食」の世界を適切に運営するための科学を学ぶ

消費者ニーズの分析法を学ぶ → 欲しい食品が確実に買える食品流通の仕組みを学ぶ → マーケティング戦略の構築方法を学ぶ → おいしく栄養価の高い食品を製造する技術を学ぶ → 食品安全のための衛生管理手法を学ぶ → 品質を保持できる貯蔵法の科学を学ぶ

フードマネジメント学類

ピックアップ授業・演習

〔食品マーケティング演習〕

講師 谷口 葉子自治体の地方創生の取り組みへの参加

講師 谷口 葉子

食品マーケティング演習

 この授業は,マーケティングの基礎を復習してから,学生が商品企画のマーケティングプランを手掛けていく演習です。今回は宮城県北部の涌谷町をフィールドに,飲食店の企画を含めた宮城の伝統野菜の活用方法を考えました。企画を立てる際には,町の方々に大学でレクチャーしていただいたり,郷土料理のお話をしていただく外部講師の先生には町をご案内したりと,できるだけ大学と町が交流できるようにしました。単なる商品開発だけでなく,こういった経験を通じてどのように町の課題解決に役立てるか考える機会にしたかったからです。
 また,過去の授業では大学にあった農園で取れたりんごで「りんごチップス」を作り,それをどう売るかという課題に取り組んだこともあります。市場調査をし,ターゲットを考え,商品名やパッケージデザインも学生が考えました。本学は現場と関わる先生方が多いので,実務レベルの方々との交流を通した学びが体験できます。


4年 中川 玲実さん

ニーズを探り,食の空間を含めたメニューをご提案

4年 中川 玲実さん

 「食品マーケティング演習」では,涌谷町の地域活性化のお手伝いで仙台の伝統野菜を使ったメニューと飲食店について検討しました。私たちのグループのコンセプトは「おしゃべりママの立ち寄り処」で,ママたちをメインに人が集まることができる大正ロマン風のお店を提案しました。メニューは店舗のコンセプトに合わせて「芭蕉菜コロッケの小葱ソースがけ」と「雪菜スムージー」。涌谷町で開催した発表会では,「スムージーのねばりが入れ歯につらい」という私たちの視点ではわからなかった高齢者のお声をいただき,とても勉強になりました。
 授業や演習を通して人との繋がりが広がり,人と関わることで自分の視野が広がりました。また物事をいろいろな視点から見ることを学びました。

〔食品衛生学実験〕

准教授 菰田 俊一実社会で役立つ知識や技術が身につく授業を

准教授 菰田 俊一

食品衛生学実験

 食品会社の品質管理部門で行っている品質や安全のチェックを学生実験で実践する授業です。具体的には微生物検査,残留農薬,食品添加物のチェック・分析など。将来食品会社で品質管理や品質保証の仕事に就く学生も多いので,その知識を身につけてもらっています。今,東京オリンピックが開催される2020年をめどに食品衛生管理の国際標準化が進められ,HACCPによる衛生管理がその中心になっています。それに対応できる技術的な面のバックアップも実験のなかで行っています。

※HACCP (Hazard Analysis and CriticalControl Point):食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で,それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し,製品の安全性を確保しようとする手法。


3年 三瓶 百恵さん

実践的な実験で,現場で活かせる知識を身につける

3年 三瓶 百恵さん

 高校は文系出身ですが,「文理融合」の宮城大学ではどちらの内容も学べることをオープンキャンパスの時に知り,興味を持ちました。「食品衛生学実験」では,実際に食品工場で使われている「食の品質保証テクニック」を学んでいます。食中毒菌を扱ったり,乳酸菌を培養したり,実践で役に立つ実験ができます。将来はマーケティングに関係する仕事に就きたいと考えていますが,実験実習などを通して修得した技術的な知識もあることで,より良い商品を考案したり,多角的な視点からお客様への提案できたりと,より幅広い分野で活躍できると思います。理系の勉強をしてきた人でも商品開発について学ぶこともできるといったように,いろいろな選択ができることが食産業学群の面白いところだと思います。

フードマネジメント学類での4年間の学び

フードマネジメント学類での4年間の学び

フードマネジメント学類での4年間の学び [PDFファイル/195KB]

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)