ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 高校生・受験生向けサイト > ライフスタイル紹介

ライフスタイル紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

宮城大学生リアルライフ!

在学生の学生生活と1日の過ごし方を紹介します。

在学生のインタビューを動画でご覧いただけます。

宮城大学公式(オープンキャンパス)Youtubeサイト

LIFE STYLE

大和キャンパス/実家暮らしの場合

電車好きから,旅行の面白さを知り観光を通じた地域活性を考えています。

小笠原 歩さん

事業構想学部
事業計画学科 3年

小笠原 歩さん

出身高校/宮城県仙台第三高等学校

7時00分 起床
9時00分 出発
10時30分 授業
12時00分 昼休み
13時00分 授業
18時00分 授業終了
19時30分 サークル活動
24時00分 就寝

1ヶ月の家計簿

収入支出
小遣い20,000円食費4,000円
貯金から10,000円交通費5,000円
学習に係る経費2,000円
課外活動費7,000円
交際費7,000円
その他(貯金)5,000円
収入合計30,000円支出合計30,000円

普段の時間割

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
1限現代社会論流通システム
2限マーケティング
リサーチ
商法・会社法コミュニティ
ビジネス
交通計画
3限ミクロ経済学キャリア開発C英語ⅣB
4限非営利事業会計感性情報処理
5限地域交流事業

1年次

 事業計画学科のベースになる,地域社会のことや法律,経済等,新しい知識を得ました。また,新しい挑戦として,弓道サークルに所属しました。練習時間や場所を決め,手配することで,自主性と協調性の大切さを感じました。

2年次

 情報の集め方や分析,そこから新たな提案を生み出す技術を学んでいます。地域活性化のための商品の企画販売をする団体でインターシップに参加しました。人の役に立ち,社会を支えて,社会を変える仕事をしてみたいと思うようになりました。

3年次

 自分で見つけた課題を専門分野の理論を使って検討し,事例研究を行い,考察を深めていきます。他学科の学生とチームを組んで,新しいことを創りあげるチームプロジェクト研究は,今からとても楽しみです。資格試験に向けた勉強もすすめていきます。

4年次

 総まとめの学年であり,重要な1年です。卒業論文作成や就職活動において,自分のやりたいこと,叶えたい思いをまとめて,頑張っていきたいと思います。

 

大和キャンパス/実家暮らしの場合

看護師や保健師としての多くの実践的知識を学ぶため毎回の授業に集中しています。

浅利 美帆さん

看護学部
看護学科 3年

浅利 美帆さん

出身高校/仙台白百合学園高等学校

6時00分 起床
8時00分 自転車・電車・バスを乗り継ぎ大学へ
9時30分 授業
12時00分 昼休み
13時00分 授業
17時30分 授業終了
18時30分 サークル活動
22時00分 帰宅
24時00分 就寝

1ヶ月の家計簿

収入支出
小遣い15,000円食費10,000円
アルバイト代60,000円通信費8,000円
奨学金50,000円交通費27,000円
交際費5,000円
貯金25,000円
収入合計125,000円支出合計75,000円

奨学金は全て学費として支払い。 教材費年間100,000円程度。

普段の時間割

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
1限 病態学 看護情報学ⅠA
2限看護援助技術論Ⅲ老年看護援助論Ⅰ疾病論Ⅰ  
3限疾病論Ⅱ 成人看護援助論Ⅰ英語ⅡA
4限看護援助技術論Ⅱ英語ⅡA ライフステージ
看護学概論Ⅱ
5限 

1年次

 新しい環境に緊張ぎみでしたが,信頼できる友人との出会いがうれしかったです。
 講義では主に看護の基礎を学びました。看護技術では,ベッドメイキングやバイタルサイン測定,清拭等を,空きコマを使って何度も自主練習をしました。

2年次

 2週間の看護実習で入院患者さんへの看護を行いました。1年次に学んだ知識の大切さを実感しました。また,2週間のベトナム研修では,看護,事業構想,食産業の学生12名と共に,日本と全く異なる文化に触れることができました。

3年次

 前期の講義で看護援助について学びを深め,後期の半年間は実習になります。実習は,小児,母性,精神など7領域について,患者さんと関わりながら学べる貴重な機会です。看護の実践力をつけるため,精一杯頑張りたいと思います。

4年次

 私は,保健師教育課程の科目を選択しており,公衆衛生看護学実習での地域保健活動が楽しみです。総まとめの学年であり,総合実習,卒業研究,就職活動や国家試験準備など,やるべきことが沢山あります。目標を定めて,計画的に取り組みたいです。

太白キャンパス/ひとり暮らしの場合

大学で学んだことを生かし,植物の力で被災された方を笑顔にしたい。

金成 裕子さん

食産業学部
ファームビジネス学科 2年

金成 裕子さん

出身高校/福島県立福島南高等学校

6時30分 起床
7時30分 出発 徒歩で大学へ
9時00分 授業
12時00分 昼休み
13時00分 授業
18時00分 授業終了
23時00分 就寝

1ヶ月の家計簿

収入支出
仕送り105,000円家賃44,000円
水道光熱費12,000円
食費15,000円
通信費4,500円
交通費5,000円
学習に係る経費5,000円
課外活動費2,000円
交際費16,000円
その他1,500円
収入合計105,000円支出合計105,000円

通信費の内携帯代は両親に支払いしてもらっている。  教科書を含めていない。

普段の時間割

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
1限基礎統計学現代社会論食材生産・
加工実習
2限経済・経営基礎動物生産概論数学概論数学概論
3限英語ⅡB  英語ⅡB 
4限食産業学Ⅱ基礎演習科学基礎
実験
コミュニ
ケーション
5限植物生理学

1年次

 講義だけでなく,野菜の栽培実習等で,初めて見る農機具の使い方,野菜の特徴等,幅広い知識を得ることができます。ハードな1年ですが,収穫の喜びも味わえる良い経験ができました。

2年次

 土壌や新しい栽培技術等,1年生に比べ,より専門的な授業内容になります。大学で学んだことを,将来どのように生かしていけるか,自分の将来のことを具体的に考えています。

3年次

 3年後期には,研究分野を決めます。1,2年で学んだことを生かして,専門的な知識を深める学年です。植物の生産や流通について研究できるよう頑張りたいです。

4年次

 卒業研究に取り組みつつ,就職活動を行ないます。忙しくもあり,将来を決める大切な1年です。迷うこと,落ち込むこともあるかもしれませんが,先生に相談しながら,友人と共に頑張っていきたいと思っています。