ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 地域課題研究実践セミナー<シリーズ2>を開催しました

地域課題研究実践セミナー<シリーズ2>を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月16日更新

地域課題研究実践セミナー〈シリーズ2〉「まちづくり条例から地域創生の展望を探る」

平成27年2月12日(木)13:15より、宮城大学大和キャンパス本部棟2階大講義室にて、宮城大学地域連携センター主催の地域課題研究実践セミナー〈シリーズ2〉「まちづくり条例から地域創生の展望を探る」を開催し、87名の受講者に参加いただきました。

セミナーの講演では、相模女子大学人間社会学部社会マネジメント学科 教授 松下 啓一氏より、まちづくり基本条例とは何か、その系譜と自治を取り巻く状況を踏まえ、全国の自治体で検討した事例を紹介いただき、まちづくり条例のポイントをお話いただきました。また、その後のセッションでは松下氏に宮城県内の自治体職員の小林 良人氏(柴田町まちづくり政策課)と鈴木 輝彦氏(大崎市教育委員会古川支局兼中央公民館兼公民館地域運営推進室)を加え、まちづくり条例を制定するまでのプロセス等について受講者とともにディスカッションいたしました。

 松下氏       講演の質疑
       松下 啓一 氏の講演の様子                         講演での質問の様子

 セッションの様子       セッションでの質問の様子
                     セッションの様子                         セッションでのディスカッション

なお、地域課題研究実践セミナー〈シリーズ1〉は、「日本で最も美しい村連合の取組にみる地域創造まちづくり条例」と題して平成26年10月28日(火)に開催いたしました。

お問合せ

【地域課題研究実践セミナーに関する問合せ先】

公立大学法人宮城大学 地域連携センター                                                              地域振興事業部 担当:中嶋
〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑1番地1                                               TEL:022-377-8319   FAX:022-377-8421                                                  E-mail:jigyobu@myu.ac.jp