ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 「産学官金連携フェア2019みやぎ」に出展します

「産学官金連携フェア2019みやぎ」に出展します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月17日更新

「産学官金連携フェア2019みやぎ」に出展します

平成31年1月22日(火曜日)に開催する,「産学官金連携フェア2019みやぎ」(主催:(公財)みやぎ産業振興機構,会場:仙台国際センター)に,宮城大学が下記4テーマで出展いたします。ご興味をお持ちの方はどうぞご来場ください。

「産学官金連携フェア2019みやぎ」開始案内については,下記のリンク先をご覧ください。
http://www.joho-miyagi.or.jp/fair2019/

 

宮城大学からの出展テーマ(4テーマ)

テーマ1.循環器疾患の再発予防を支援する健康管理アプリ

―セルフマネジメント支援アプリを遠隔医療に位置づけ、持続可能な支援体制のしくみづくりを目指します―

出展担当者名看護学群 助教 菅原 亜紀
技術シーズの概要日々の健康データを記録する機能と,その値や望ましい行動を判断するための教材を含む健康管理アプリ(循環器疾患患者向け)
想定する市場:急性期病院や診療所における診療時の活用
          自治体や保険者によるデータの活用
出展のニーズ・ウェアラブルデバイスを用いた健康データの管理ソフトの構築
・地域住民の健康情報の活用を考えている自治体
・その他本アプリの発展や活用のアイディアをもつ研究者
に関する共同研究先の探索

 

テーマ2.自社製品に「デザイン」はいかがでしょうか?

  ―デザイン開発(工業デザイン、パッケージデザイン、グラフィックデザイン等あらゆる「デザイン」)を支援します―

出展担当者名事業構想学群 教授 日原 広一
技術シーズの概要プロダクトデザイン,パッケージデザイン,グラフィックデザイン
想定する市場:自社製品の付加価値を上げるため「デザイン」の取入れを計画しているすべての企業
出展のニーズ製品の付加価値向上をデザイン開発によって達成することを目的としたデザイン研究室として共同研究のパートナーづくり

 

テーマ3.LC-MS/MSによる植物中フラボノイド類の網羅的解析 

―植物中のフラボノイド類を網羅的に構造解析し、機能性食品の素材化を支援します―

出展担当者名食産業学群 准教授 庄子 真樹
技術シーズの概要パプリカ葉に含まれるルテオリンの動態に関して研究しています。植物中におけるフラボノイドの化合物を2次元で可視化するとともに,データベースで可視化します。
想定する市場:健康食品市場,化粧品市場
出展のニーズ

・植物から機能性成分を抽出する
・機能性素材を原料に製品を製造する
・製品を国内外に販売展開する
に関する共同研究先の探索

 

テーマ4.宮城大学のシーズを皆さまへ

―宮城大学のシーズを地域の皆さまにご活用いただくためのご支援をいたします―

出展担当者名地域連携センター 副センター長(研究企画担当) 古川 博道
技術シーズの概要看護学群,事業構想学群,食産業学群,基盤教育群の得意シーズ
想定する市場:健康・医療・看護,まちづくり・都市計画,デザイン,情報,
          食資源生産・生物資源,食品機能・加工,
           ビジネス(食ビジネス),人文社会
出展のニーズ本学のシーズ概要をご紹介したい

 

日時

平成31年1月22日(火曜日)  10時~17時

会場

仙台国際センター (宮城県仙台市青葉区青葉山)

入場料

無料

 宮城大学の出展テーマに関する問合せ先 

宮城大学 地域連携センター
 〒981-3298 黒川郡大和町学苑1番地1 交流棟1F
 Tel:022-377-8319  Fax:022-377-8421  
 E-mail:chiren(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。