ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 「まちづくりコンテストin大和」 学生がフィールドワークを実施します

「まちづくりコンテストin大和」 学生がフィールドワークを実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月12日更新

宮城大学生が大和町内でフィールドワークをはじめます

宮城大学生による「まちづくりコンテストin大和」にエントリーした8チームの学生が、大和町でのフィールドワークを開始します。各チームがまちづくりプランを提案するテーマに沿って、住民の皆さんや事業所等に訪問し、ヒアリング調査などをさせていただきます。ご協力いただきます大和町の皆さんのご支援、ご協力をお願いいたします。

昨年実施の「まちづくりアイデアコンテスト」in美里でのフィールドワークの様子

フィールドワーク1フィールドワーク2フィールドワーク3

学生たちは、フィールドワークで美里町の魅力や隠れた資源を掘り起し、調査、分析、検討を重ねながら、大学で学修した知識等を活用し、まちづくりプランを作成しました。

宮城大学生による「まちづくりコンテストin大和」とは

大和町と宮城大学は、地域経済の活性化、保健福祉の推進、教育・研究活動の発展等々、相互に連携して課題解決を図るため、平成27年7月に連携協定を締結しました。
この協定締結を契機に具体的な取組として実践するため、「まちづくりコンテストin大和」を開催します。
「まちづくりコンテスト」は宮城大学生及び大学院生によるまちづくりのプランを競い合うコンテストです。
コンテストの舞台は宮城大学の地元「大和町」です。テーマは「大和町をもっと² 元気にするためのまちづくり」、大和町の魅力や隠れた資源を掘り起し、調査、分析、検討を重ねながら、新しいまちづくりのアイデアをチームで提案していきます。

宮城大学生による「まちづくりコンテストin大和」の詳細

成果発表会(公開プレゼンテーション審査)

プレゼンテーションでは、各チームの代表者が「どのような課題に取り組み」「どのような分析・調査を行い」「どのようなプランを作成し」「どのような効果があるか」などについて11月に発表します。

日時:平成28年11月19日(土)13:30~
会場:大和町まほろばホール(黒川郡大和町吉岡南二丁目4-14)