ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 在学生の声 > 外国の方が安心して医療を受けるためのサポートをしたい

外国の方が安心して医療を受けるためのサポートをしたい

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日更新

看護学科

根本さん

 

看護学科3年 根本 かなえさん

(秀光中等教育学校出身) 

 

 

私が宮城大学で学ぶ理由

 高校1年生のときから「看護師になりたい」という夢を持っていました。宮城大学で開催された英語スピーチコンテストに参加したことで、宮城大学の先生方や学生の温かい雰囲気、環境の良さを知り、この大学への入学を決めました。
 入学後は、看護に関する学習はもちろん、学内の英語プレゼンテーションコンテストに参加するなど、語学力の向上にも努めています。
 現在は、半年間にわたる実習に取り組んでいます。新生児からお年寄りまで、さまざまな方と関わりながら、今までの学びを活かした看護を実践するために、日々奮闘しています。
 将来は、患者さんのニーズを満たすことができ、安心を提供できるような看護師を目指しています。また、大好きな英語を活かして、外国の方が安心して医療を受けられるよう、橋渡しができる存在になりたいです。

高校生・受験生の皆さんへ

 受験は、目標に近づくために自分自身へ目を向けなければならず、つらく感じる時もあるかと思います。ですが、みなさん一人ひとりが持っている強み、夢、そして「宮城大学でこんなことを学びたい」という思いを大切にして、日々頑張ってください。一緒に楽しい学生生活を送りましょう!