ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 在学生の声 > 幅広い学びで可能性を知ろう。夢は自分次第で近づいてくる。

幅広い学びで可能性を知ろう。夢は自分次第で近づいてくる。

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月23日更新

事業計画学科

金野さん事業計画学科4年 金野 和人さん
岩手県立一関第一高等学校出身)

 事業計画学科とは“事業を計画する力を養う”ところだと思います。さまざまな分野を幅広く学びますが、ただ知識を得るのではなく、講義を通して知識や情報の実社会への活用方法を学んでいると感じています。

 今いちばん興味のある講義は「地域経済論」です。例えば宮城県の経済指数が全国水準のどのレベルにあるかなど、さまざまな観点から考察し、どのように地域経済を成長させるべきかなどを、実践的に学んでいます。また、農業の“6 次産業化”にも触れ、東北の農業についても議論を重ねています。

 ゼミでは「宮城県におけるタクシーのおもてなし」をテーマに研究しました。企業の協力をいただきながら行ったアンケート調査から、タクシードライバーと利用客の双方とも“意思疎通を図りたいが、コミュニケーションが取れない”という分析結果を得て、これらの問題点を同時に解決する仕組みづくりを開発しました。そして企業への提案や県庁への報告、学会での発表など、まさに自分たちで行える実践活動を最後までやり切ることができました。

 いろいろな夢や関心が、自分の学びと接点を持ち始めると、目標は見えてくると思います。私の描く将来像は“観光や農業を通して地域経済を支え、東北の発展に携わること”です。観光は経済波及効果が高く、東北には知られていない観光資源がまだまだあり、その活用が今後の成長を担うと考えています。農業についてはブランディングや6 次産業化を通じ、農業を食産業として内外に発信していくことが重要だと思います。4 年間かけて目標に近づくために“今できることに最善を尽くす”を心がけ、毎日の学びを大切にしていきたいです。