ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 在学生の声 > 夢は食品メーカーでヒット商品を生み出すこと

夢は食品メーカーでヒット商品を生み出すこと

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月22日更新

フードビジネス学科

北島さん

 

フードビジネス学科3年 北島 湧太さん

(宮城県佐沼高等学校出身)

 

 

 私が宮城大学で学ぶ理由

 幼い頃から料理に興味があり、中学校時代までは調理師になることを夢見ていました。しかし当時の担任の先生から「食に関する仕事は調理師だけではない」と告げられ、その時に初めて食品メーカーの仕事について知りました。その後、商品開発の仕事を職にしたいと考えるようになり、フードビジネス学科への入学を決意しました。
 現在は西川正純教授のゼミに所属し、卒業研究を行うために必要な実験方法などの習得に励んでいます。卒業後は大学院生として知識と技術の向上に努めた後、食品メーカーへの就職することを目標としています。夢は開発した商品を世の中に出してヒットさせることです。

 高校生・受験生の皆さんへ

 将来「食に携わる仕事がしたい!」と思っている人、ぜひ一度大学のオープンキャンパスや大学祭に足を運んでみてください。食に興味のある人なら、きっと宮城大学は気になる大学の一つとなるでしょう。
 また、食産業学部は先輩と後輩の上下の隔てがなく仲良しです。キャンパスライフに不安はあると思いますが、ここに入学したら同級生以外の仲間もたくさんできるので、不安なことなんてすぐに解決します。楽しいキャンパスライフが送れますよ!