ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学研究科 > 社会人への配慮

社会人への配慮

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

社会人への配慮・教育状況等

食産業学研究科は学びへの意欲が旺盛な社会人の皆様の進学を歓迎します。社会人の方への配慮として、以下のような制度が用意されています。

社会人特別選抜

入学者の選抜は、一般選抜と社会人特別選抜に分け、別々の入学試験方式により選考を行います。社会人特別選抜は、筆記試験に代えて、希望する専門分野に関する口頭試問を含む面接及び出願書類の内容を総合的に判定して選考が行われます。(一般選抜は、外国語、専門科目1科目、口頭試問を含む面接により選考されます。)

長期履修制度

入学後、仕事の都合などで、標準修業年限(博士前期課程2年、博士後期課程3年)で修了することが困難であると認められる場合、前期課程では3年もしくは4年、後期課程では4年もしくは5年まで修業年限を延長することができます(入学時に申請)。なお、授業料は、前期課程2年分、後期課程3年分を実際の修業年数で分割することになります。