ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学研究科 > 教育目標・教育ポリシー

教育目標・教育ポリシー

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月6日更新

食産業学研究科の目的

食材生産から食品の加工・流通・外食に至る食産業、およびそれらの産業に係わる環境の維持管理について、教育・研究と社会活動を行うことを目的としています。

食産業学研究科の教育目標(人材養成目標)

博士前期課程では、食産業学の分野で優れた研究能力・開発能力を有した研究者および高度な専門的知識や能力を持った高度専門職業人を養成することを目標としています。
博士後期課程では、食産業学分野における自立的な研究者、農商工連携や産業クラスター形成をリードできる人材、高度な学識・知見・研究法を基に実業界をリードしていける人材を養成することを目標としています。

食産業学研究科の教育ポリシー

詳細はこちら