ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > シラバス(基盤教育科目06)

シラバス(基盤教育科目06)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

講義名

スタートアップ・セミナー

Course

Start Up Seminar

対象学科

看護学群(必修)/事業構想学群(必修)/食産業学群(必修)

年次・学期・単位

1年次/前期/2単位

担当教員

小松容子 佐藤大介 佐藤可奈 出貝裕子  佐々木秀之  平岡善浩  佐藤麗  板明果  石田祐  土岐謙次  曾根洋明  藤澤由和

中村茂雄 毛利哲  菰田俊一  菊地郁  川島滋和

授業概要

大学での基本的な学習スキル(読解,情報整理,課題解決,レポート作成)を身に付ける。あわせて,他者と協調して学びながら課題に取り組む態度を養う。主に,少人数のグループワークで実施する。基本的なレポート作成として,1000字程度のレポートの作成ができることを目標とする。

ディプロマ・ポリシー(DP)との関連

【知識・技術:△】【思考力・判断力:○】【表現:○】【主体性:◎】【協働性:○】

到達目標

[1] 主体性をもって自らの考えを表現することができる[2] 他者と協働して課題に取り組むことができる
[3] 基本的なレポート作成方法を理解し,1000字程度のレポートを作成することができる

授業計画

内容

第1回

コミュニケーションスキル(聴き方を学ぶ)

第2回

コミュニケーションスキル(チームビルディングを体験する)

第3回

コミュニケーションスキル(伝え方を学ぶ)

第4回

コミュニケーションスキル(ブレーンストーミングとKJ法について学ぶ)

第5回

論理的思考とは(1)(帰納・演繹とは)

第6回

ディスカッション(1)(5人程度のグループで)

第7回

論理的思考とは(2)(因果関係とは)

第8回

ディスカッション(2)(10人程度のグループで)

第9回

論理的思考とは(3)(根拠を明確にする)

第10回

ディスカッション(3)(25人の大きなグループで)

第11回

プレゼンテーションとは(書評のプレゼンテーションに向けて)

第12回

書評合戦1(書評のプレゼンテーションと質疑応答)

第13回

書評合戦2(書評のプレゼンテーションと質疑応答)

第14回

相手に伝わる文章とは(書評を文章にしてみよう)

第15回

ライティング・テクニック(1000字で書くテクニックを学ぶ)

第16回

最終レポート提出

評価方法・評価基準

"ディスカッションスキル,プレゼンテーションスキル,ライティングスキル,協働作業スキルの4つの観点から構成されるルーブリックによって評価する。なお,出席回数が授業時間の5分の4に満たない場合は評価を行わないことに注意すること。"

教科書

スタートアップ・セミナー・ワークブック(宮城大学)

参考書

基本的にはワークブックを中心に進めるが,教員によって改めて参考資料を提示する場合もある。

他の科目との関連

本科目で学んだレポートの書き方を後期開講のアカデミック・セミナーでさらに発展的に学んでいく。また,本科目で学んだグループワークや思考法をもとに,後期で学ぶキャリアデザインⅠで,どの学類を選ぶのかを仲間と共に考えていく。これらの科目の関連性を通じて,今後の自分を見通す力を形成する。

事前・事後学修

講義前に,テキストの対象となる章を事前に読んでおくこと。各回の終わりに,次回までの宿題を提示する。原則としてはその時間で学んだことの振り返りが中心となる。また12回目の書評合戦までに,発表する書評を準備する。詳しくは授業で説明する。

備考

"本科目はクラス単位で実施する。同じ学群で学ぶ者同士で切磋琢磨し合いながら,大学で学ぶことの面白さを感じ取ってもらいたい。
また,月曜1時限または2時限に実施するので,規則正しい生活習慣を心がけ,遅刻や欠席に注意すること。やむをえず欠席した回については,クラスメートに授業の内容を確認した上で担当教員から改めて課題の提示を受けること。"

Course Description

Communication, Team building, Thinking, Discussion, Writing