ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > シラバス(基盤教育科目24)

シラバス(基盤教育科目24)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

講義名

ベトナム語Ⅱ

Course

対象学科

看護学群(選択)/事業構想学群(選択)/食産業学群(選択)

年次・学期・単位

1・2年次/集中/1単位

担当教員

VU THUY MINH CHAU

授業概要

「ベトナム語II」は会話表現に重点をおいて授業を進める。正しい発音を身につけて簡単なコミュニケーションがとれるようにし、読み、聞き取り、基本的な文法についても「ベトナム語I」の続き、初級的なレベルで習得する。東南アジアの国への言語や文化に対する関心を高め、ベトナムの文化理解、国際理解を深めることを目指す。

ディプロマ・ポリシー(DP)との関連

【知識・技術:◎】【思考力・判断力:○】【表現:○】【主体性:○】【協働性:△】

到達目標

[1]  ベトナム語の簡単な日常会話を身につけることができる。[2]  ベトナム語を正確に発音できる。
[3]  ベトナムの文化について理解することができる。

授業計画

内容

第1回

「お名前は何ですか?」などの会話練習

第2回

「出身はどこですか?」などの会話練習

第3回

「これは何ですか?」などの会話練習

第4回

「その人は誰ですか?」などの会話練習

第5回

「今は何時ですか?」などの会話練習

第6回

「今日は何曜日ですか?」などの会話練習

第7回

「私の家族」などの会話練習

第8回

表現と文法のまとめ、テスト

第9回

「新しい部屋は広いですか?」などの会話練習

第10回

「どこでベトナム語を勉強していますか?」などの会話練習

第11回

「何をしていますか?」などの会話練習

第12回

「これはいくらですか?」などの会話練習

第13回

「今日は雨です。」などの会話練習

第14回

「市場はどこですか?」などの会話練習

第15回

表現と文法のまとめ

第16回

期末試験

評価方法・評価基準

授業態度20%(学習意欲や授業参加度、総合的に評価する)。小テスト20%、宿題 20%、定期試験40%として評価する。

教科書

毎回配布する資料を教材とする。

参考書

五味版学習者用ベトナム語辞典

他の科目との関連

「ベトナム語Ⅰ」を基礎にして学習を進め、グローバルコミュニケーション科目として、多数の言語を使いこなせる人を育成する。

事前・事後学修

学生は授業を受ける前に、次の授業の予習を毎回せねばならない。授業のあとは、クラスで学習したことを復習する必要がある。

備考

事前に「ベトナム語Ⅰ」を履修していることが望ましい。

Course Description

Vietnamese Language, Vietnamese Culture, Pronunciation、Conversation、Grammar