ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > ビブリオバトル宮城・福島地区予選会を開催しました

ビブリオバトル宮城・福島地区予選会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月31日更新

平成25年10月30日に宮城大学大和キャンパスにおいて、「ビブリオバトル宮城・福島地区予選会」を開催しました。
今大会は、11月24日(日)に東京・秋葉原で行われる「第4回ビブリオバトル首都決戦」の予選会です。
出場するバトラーには、本学の1年生4名から申し込みがありました。

トップバッターは、事業構想学部事業計画学科の高橋 佳帆里さん。
発表した本は、ハンヌ・マケル作の絵本「ぼくはちびパンダ」です。
高橋かおりさん発表風景

2番手は、太白キャンパスから応援を連れての参加、食産業学部ファームビジネス学科の末永 智大さんです。
発表した本は、今年ドラマ化されて話題にもなった「夜行観覧車」(湊かなえ著)です。
ビブリオバトル末永さんの発表

3番目は、事業構想学部事業計画学科の工藤 玲音さん。
発表した本は、「子どもが体験するべき50の危険なこと」(Gever Tulley・Julie Spiegler著)です。
50の中には、電池をなめる(保護者がいるところで)なんてものも・・・
ビブリオバトル工藤れいんさん

最後を飾るのは、事業構想学部事業計画学科の浅野 有汰さん。
発表した本は、フランスの有名な食通ブリア=サバランが書いた「美味礼讃」です。
ビブリオバトル浅野有汰さん発表

各発表の後には、制限時間いっぱい質疑・応答が行われ、ビブリオバトルのキャッチコピー「人を通して本を知る。本を通して人を知る」のとおり、
本を通じたコミュニケーションが行われていました。
ビブリオバトル質問をしてる様子 

すべての発表後、観客とバトラーが一番読みたいと思った本に投票を行いました。
最多票を集めたチャンプ本は・・・・・

事業構想学部事業計画学科の高橋 佳帆里さんが発表した、ハンヌ・マケル作の「ぼくはちびパンダ」に決定しました!
ビブリオバトルチャンプ本高橋かおりさん

高橋さんは、11月4日にアエルで行われる宮城・福島地区決戦に進出します。
地区決戦でチャンプ本に選出されると、首都決戦への出場権獲得となります。
高橋さん、首都決戦に向けて頑張ってください!
ビブリオバトル出場者全員


※今年度の新入生交流会でもビブリオバトルを行いました。
  開催の様子はこちら⇒新入生交流会・ビブリオバトル