ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 基盤教育群 教員紹介 > 弓谷 行宏

弓谷 行宏

ゆみたに ゆきひろ
弓谷 行宏
Yukihiro Yumitani

所属

基盤教育群

学位

Ph.D. (言語学博士) カンザス大学(University of Kansas) 1998年

E-mail

yumitani(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778240

Webサイト

職位

教授

学歴

1980年3月 神戸市外国語大学英米学科卒業(英語学専攻)
1985年3月 筑波大学修士課程地域研究研究科(アメリカ研究コース)修了
1998年5月 カンザス大学(米国、University of Kansas)博士課程(言語学科)修了

主な職歴

1993年8月 バックネル大学(米国、Bucknell University、東アジア研究学科) 講師
1996年8月 バックネル大学(東アジア研究学科) 助教授
1999年9月 山陽学園大学(国際文化学部) 助教授
2001年4月 山陽学園大学(国際文化学部) 教授
2005年4月 宮城大学(看護学部) 教授

本学における担当科目

英語ⅢA・ⅢB
英語ⅣA
実践看護英語演習
日本語I・Ⅱ

専門分野

言語学
言語人類学
英語音声学
アメリカ研究
教育工学

所属学会・社会活動等

Society for the Study of the Indigenous Languages of the Americas
大学英語教育学会
日本言語学会

主な著書・論文

<論文> A Phonology and Morphology of Jemez Towa(博士論文、1998年)
<著書> The Vanishing Languages of the Pacific Rim(共著、Oxford University Press、2007年)
<著書> リスニングとスピーキングの理論と実践(共著、大修館書店、2011年)

研究内容

1. 1980年代後半からアメリカ先住民言語の音韻と文法の記述を行っています。文字を持たない言語なので、言語話者の言ったことを瞬時に聞き取り、正確かつ厳密に音声記号で記録する必要があります。大変な集中力が要求されます。
2. 諸言語の音声一般に関心があり、英語を含むいくつかの言語の音声について研究してきました。
3. 外国語学習者に対して、どのようなフィードバックを与えると効果的かについて研究を行っています。

講演等が可能なテーマ

1. アメリカの大学への留学: アメリカのある大学の元専任教員からのアドバイス(大学の種類、どうすれば入学許可を得られるか)
2. 英語の音声、英語と日本語の音声比較  
3. 未知の言語のフィールドワーク

学生へのメッセージ

世界は広いです。学生時代に一度外国に行って、現地の人たちとの交流を持ってください。それまでに見えていなかった何かが見えるはずです。
また、夢を持ち、その実現に向け励んでください。