助教

元木 康介

元木 康介

Motoki Kosuke

所属 食産業学群
学位 博士(医学)東北大学 2018年
E-mail motokik(a)myu.ac.jp
※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください
電話番号 0222451641
Webサイト https://sites.google.com/view/kosukemotoki/
シーズ集 消費者の心理を捉えて、商品開発に役立てる

職位

助教

学歴

2013年3月 慶應義塾大学 商学部 卒業
2015年3月 東北大学大学院 医学系研究科 修士課程 修了
2015年3月    Department of Psychology, University of York 訪問研究生 (-2015年9月)
2018年9月 東北大学大学院 医学系研究科 博士課程 早期修了

主な職歴

2017年4月    日本学術振興会特別研究員(DC2)
2018年10月  日本学術振興会特別研究員(PD)
2019年4月    宮城大学 食産業学群 フードマネジメント学類 助教

本学における担当科目

食感性科学、科学基礎実験、研究サーベイ、卒業研究、コミュニティ・プランナー概論及び演習、コミュニティ・プランナー実践論 他

専門分野

食感性科学、消費者心理学

所属学会・社会活動等

日本消費者行動研究学会
日本心理学会
日本商業学会
日本認知心理学会

主な著書・論文

Motoki K, Sugiura M, and Kawashima R. (in press). Common neural value representations of hedonic and utilitarian products in the ventral stratum: An fMRI study. Scientific Reports.
Motoki K, Saito T, Park J, Velasco C, Spence C, and Sugiura M. (in press) Tasting names: Systematic investigations of taste-speech sounds associations. Food Quality and Preference.
・Saito T, Motoki K, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2019) Does incidental pride increase competency evaluation of others who appear careless? Discrete positive emotions and impression formation. PLoS ONE. 
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2019) A sweet voice: The influence of crossmodal correspondences between taste and vocal pitch on advertising effectiveness. Mutisensory research
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2019) Round faces are associated with sweet foods: The role of crossmodal correspondence in social perception. Foods.
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2019) Anxiety increases visual attention to hedonic foods: A preliminary eye-tracking study on the impact of the interplay of integral and incidental affect on foods. Appetite. 
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2019) Light colors and comfortable warmth: Crossmodal correspondences between thermal sensations and color lightness influence consumer behavior. Food Quality and Preference. 
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2018). The paradox of warmth: Ambient warm temperature decreases preference for savory foods. Food Quality and Preference. 
Motoki K, and Sugiura M. (2018). Disgust, Sadness, and Appraisal: Disgusted Consumers Dislike Food More than Sad Ones. Frontiers in psychology. 
Motoki K, Saito T, Nouchi R, Kawashima R, and Sugiura M. (2018). Tastiness but not healthfulness captures automatic visual attention: Preliminary evidence from an eye-tracking study. Food Quality and Preference. 
元木 康介・杉浦 元亮 (2018). 消費者神経科学の動向と展望―神経科学を消費者行動研究に役立てるために. マーケティングジャーナル. 
・Maruyama T, Takeuchi H, Taki Y, Motoki K, Jeong H, Kotozaki Y, Nakagawa S, Nouchi R, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Sakaki K, Sasaki Y, Magistro D, Kawashima R (2018). Effects of time-compressed speech training on multiple functional and structural neural mechanisms involving the left superior temporal gyrus. Neural Plasticity. 
Motoki K, and Sugiura M. (2017). Consumer Behavior, Hormones, and Neuroscience: Integrated Understanding of Fundamental Motives Why We Buy. Psychologia. 
Motoki K, Sugiura M, Takeuchi H, Kotozaki Y, Nakagawa S, Yokoyama R, & Kawashima R. (2016). Are plasma oxytocin and vasopressin levels reflective of amygdala activation during the processing of negative emotions? A preliminary study. Frontiers in psychology. 

査読歴

Food Quality and Preference, Food Research International, Health Psychology, Psychology & Marketing, Journal of Sensory Studies, Foods, Psychologia, Brain Imaging and Behavior

研究内容

食に対する心の働きを、実験心理学・視線/脳機能計測などを駆使して研究しています。特に、五感(色、形、音、匂い、温度など)や感情が食・消費者行動に及ぼす影響について関心があります。

受賞

2019年3月    東北大学総長賞
2018年12月  東北大学大学院医学系研究科 辛酉優秀学生賞 特別賞
2013年3月    慶應義塾大学商学部 第34回商学会賞

講演等が可能なテーマ

「五感で味わう食」「食べ物と感情の関係」「おいしさの心理学」「感覚マーケティング」「消費者の食品選択」「視線計測による消費者行動分析」「脳科学と消費者行動」など

学生へのメッセージ

文理を問わず、幅広い視点で食の研究を進めてください。興味のある方は是非一緒に研究しましょう。

TOP