ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 事業構想学群 教員紹介 > 橋本 陽介

橋本 陽介

橋本陽介の画像 
はしもと ようすけ
橋本 陽介
Yosuke Hashimoto
1984年

所属

事業構想学群

学位

博士(教育情報学) 東北大学 2013年

E-mail

hashimotoy(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778343

Webサイト

職位

助教

学歴

2007年3月 東北福祉大学 総合福祉学部 社会福祉学科 卒業
2009年3月 筑波大学 大学院修士課程 教育研究科 障害児教育専攻 修了
2013年3月 東北大学 大学院教育情報学教育部 博士課程後期3年の課程 修了

主な職歴

2011年4月 日本学術振興会特別研究員DC
2013年4月 函館大谷短期大学 こども学科 助教
2017年4月 宮城大学 事業構想学群 助教

本学における担当科目

ユニバーサルデザイン、データサイエンス入門

専門分野

福祉デザイン、障害福祉、特別支援教育

所属学会・社会活動等

日本社会福祉学会、日本社会福祉士会、日本K-ABCアセスメント学会、障害科学学会、日本特殊教育学会、日本発達障害学会、日本臨床発達心理士会、日本教育工学会、日本特別ニーズ教育学会

主な著書・論文

<論文>障害学生支援のためのeラーニングアクセシビリティの検討―大学webサイトとeラーニングサイトの現状分析―(2010年)
<著書>高度情報化時代の『学び』と教育;第10章 ICT活用による発達支援サービス(2011年)
<論文>就学前障害児の保護者と保育者との情報交換におけるICT活用の可能性―SNSと連絡帳の比較によるユーザビリティの検討―(2014年)
<著書>つながる・つなげる障害児保育―かかわりあうクラスづくりのためにー;保護者とつながるちょいテク・他(2015年)
<論文>保育士養成課程に在籍する学生にとってのSNSと連絡帳のユーザビリティ―就学前障害児支援での情報通信技術の活用に向けた検討―(2015年)
<論文>保育士必修科目でのeラーニングサイトを活用した授業実践と受講学生の評価―短期大学での活用をもとに―(2015年)
<著書>思春期・青年期・長所活用型指導で子どもが変わるPart5・KABC-Ⅱを活用した社会生活の支援;SNSでのコミュニケーション・他(2016年)

研究内容

障害当事者として生きてきたこと、高度情報化時代を迎えたことを背景に、障害児・者への保育・教育的支援における情報通信技術(Information and Communication Technology;ICT)の活用について、研究を進めています。また、どんな人でも過ごしやすいインクルーシブな環境づくりにも、実践的に取り組んでいます。

講演等が可能なテーマ

障害児・者への保育・教育的支援におけるICT活用、インクルーシブ保育・教育、障害当事者の視点から見た障害児・者支援

学生へのメッセージ

社会の中では、何らかの支援を必要とする人々も生活しています。そのような人々の一人ひとりにとって望ましい支援とは何か、そしてそのような人々も“幸せ”に過ごせる環境とは何か、一緒に考えていきましょう!