ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鹿野 護

鹿野護_写真

かの まもる
鹿野 護
Mamoru Kano
1972年

所属

事業構想学群

学位

デザイン工学 学士 東北芸術工科大学 1995年

E-mail

kanom(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778361

Webサイト

www.kano-lab.org

職位

教授

学歴

1995年3月 東北芸術工科大学 デザイン工学部 情報デザイン学科 卒業

主な職歴

1999年 4月 ワウ株式会社
2014年 4月 東北工業大学 准教授
2017年 4月 宮城大学 事業構想学群 教授

本学における担当科目

メディア表現、メディアデザイン演習、デザイン情報ゼミナール、アートサイエンス概論

専門分野

コンピューターグラフィックス、ユーザーインターフェイス、メディアアート、ビジュアルデザイン

所属学会・社会活動等

デザイン学会

主な著書・論文

<著書>Quartz Composer Book(2008年)

研究内容

メディアデザインを用いて、社会の問題や価値創造を行うための研究。アプリケーション、インタラクティブビジュアル、アートインスタレーションなど、様々なメディアを活用し社会で機能させることを目的とする。それらの実装のために必要なソフトウェアを実際に開発し、プロトタイピングを行いながらより良いユーザー体験をもたらすインタラクションを実現させる。また、美しさや魅力を作るためのプロセス、そして感性に訴えるための伝達方法・表現のあり方を、感性と科学の両側面から研究する。

画像

鹿野先生の研究内容1
鹿野先生の授業の様子1
鹿野先生の授業の様子2

講演等が可能なテーマ

メディア表現、ビジュアルデザイン、コンピューターグラフィックス、メディアアート、ユーザーインターフェイスデザイン

学生へのメッセージ

あなたの心の中に潜んでいる「美しいな」「不思議だな」という気持ちを、暮らしをより良くする「実行力」に変えられるのがデザインだと思います。そのために最も重要なのが好奇心。見過ごしてしまっている大切なことに気づく感性です。様々なデジタル技術を用いて感性を視覚化し、問題解決と価値創造の方法を探りましょう。