ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学群 教員紹介 > 長澤 治夫

長澤 治夫

長澤 治夫
ながさわ はるお
長澤 治夫
Haruo Nagasawa
1952年

所属

看護学群

学位

医学博士 東北大学 1987年

E-mail

nagasawa(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778246

Webサイト

職位

教授

学歴

1978年3月 東北大学医学部医学科 卒業
1987年3月 東北大学医学研究科博士課程修了

主な職歴

1987年4月 東北大学医学部付属病院神経内科 医員
1987年10月 国立療養所岩手病院神経内科 医師
1989年10月 国立療養所西多賀病院神経内科 医師
1990年04月 国立療養所西多賀病院第二神経内科 医長
1992年10月 国立療養所宮城病院第二理学診療科 医長

本学における担当科目

健康科学
形態機能学Ⅲ
病態学
疾病論Ⅱ、Ⅲ
がん病態治療学
在宅医療学

専門分野

神経科学
老年病学
神経内科学

所属学会・社会活動等

日本神経学会
日本褥瘡学会
日本内科学会
日本在宅医学会
日本緩和医療学会
宮城県黒川郡医師会
宮城県社会福祉協議会
独立行政法人国立病院機構宮城病院倫理審査委員会
同利益相反審査委員会

主な著書・論文

<共著>カラーアトラス病態病理学(2011年)
<単著>Medical Care and Welfare Services for the Elderly in Japan: Problems and Possibilities for the Future. Proceeding of Hyvite Symposium 2009 on Service Innovations in elderly care and Ambient assisted living.(2010年)
<論文>長期にわたる低線量外部被曝と内部被曝のヒトへの影響について(2012年)
<論文>東日本大震災による褥瘡の発生・悪化の頻度およびその原因と対応(2014年)

講演等が可能なテーマ

生活習慣病、職場のメンタルヘルス、脳血管障害や認知症の医療・介護など

学生へのメッセージ

ヒトの身体の構造と機能、疾病の起こる機序、代表的な疾患についてしっかり学びましょう。さらに終末期医療、難病の療養者と家族の長期間に亘る在宅療養支援の在り方など諸問題を取り上げ、わが国の在宅医療の全般について学習します。