ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学群 教員紹介 > 志田 淳子

志田 淳子

顔写真 
しだ じゅんこ
志田 淳子
Junko Shida

所属

看護学群

学位

博士(看護学) 宮城大学 2015年

E-mail

shidaj(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778240

Webサイト

職位

講師

学歴

2002年3月 北里大学 看護学部 卒業
2009年3月 山形県立保健医療大学大学院 保健医療学研究科 修士課程 修了
2015年3月 宮城大学大学院 看護学研究科 博士後期課程 修了

主な職歴

2002年4月  国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 看護師
2006年4月  山形県立日本海病院 看護師
2007年4月  山形徳洲会病院 訪問看護室 保健師
2008年9月  山形県立保健医療大学 保健医療学部 看護学科 助教
2015年10月 宮城大学 看護学部 講師

本学における担当科目

在宅看護援助論Ⅰ,在宅看護援助論Ⅱ,家族看護論,在宅看護学実習,総合実習,卒業研究

専門分野

在宅看護学

所属学会・社会活動等

日本看護科学学会
日本公衆衛生学会
日本在宅ケア学会

主な著書・論文

<論文>Necessary content of information concerning the HPV vaccine as assesesd by mothers of girls (2015年)
<論文>Relationship between self- esteem and living conditions among stroke survivors at home (2013年)
<論文>冬季の運動指導に関する基礎的研究-積雪前後の身体計測値の比較-(2010年)

研究内容

 これまでは,高校生を対象に,学校教育の中で実施できる子宮頸がんの予防教育について研究をしてきました(下記画像は作成した教材の一部です)。
 今後は,病気や障害をもつ方が,住み慣れた地域で安心して生活できる仕組みを構築できるよう,看護の視点から探究したいと考えています。

画像

ワークシート①
ワークシート②

講演等が可能なテーマ

・ 訪問看護に関すること
・ 高校生を対象にした子宮頸がん予防教育に関すること

学生へのメッセージ

 たくさんの人と出会い,たくさんの経験をして,実りある大学生活を送ってください!
 看護職は人と関係を築きながら,生命・健康を守る支援,生活を守る支援を行うプロフェッショナルです。
 大学生活における豊かな経験が,看護にきっと役立ちます。