ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 看護学群 教員紹介 > 吉田 俊子

吉田 俊子

吉田 俊子
よしだ としこ
吉田 俊子
Toshiko Yoshida

所属

看護学群 

学位

看護学学士 聖路加看護大学 1986年
障害科学博士 東北大学大学院 2000年

E-mail

yosidats(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0223778240

Webサイト

職位

教授、看護学群長兼看護学研究科長

学歴

1986年3月 聖路加看護大学看護学部看護学科卒業
1997年3月 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻博士前期課程修了
2000年3月 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻博士後期課程修了

主な職歴

1986年4月 聖路加国際病院(~1993年3月)
2000年4月 宮城大学看護学部講師
2002年4月 宮城大学看護学部助教授
2005年4月 宮城大学大学院看護学研究科・地域連携センター教授
2006年4月 宮城大学大学院看護学研究科・看護学部教授(現在に至る)
2009年4月 宮城大学看護学部 副学部長
2011年4月 宮城大学看護学部 学部長(現在に至る)
2012年4月 宮城大学大学院看護学研究科 研究科長(現在に至る)

本学における担当科目

成人看護援助論Ⅱ、看護学研究法、基礎ゼミ、成人看護学実習、総合実習、卒業研究、成人健康看護学特論、成人健康看護援助論、成人健康看護援助論演習、看護学特別研究、看護研究特論Ⅰ・Ⅱ、生涯健康支援看護学研究方法特論、生涯健康支援看護学特論、成熟期健康支援看護学演習、生涯健康支援看護学特別研究、ライフステージ看護学概論Ⅰ、宮城大学の知の体系

専門分野

成人看護学、心臓リハビリテーション、循環器看護

所属学会・社会活動等

宮城県医療審議会委員、日本心臓リハビリテーション学会(理事・心臓リハビリテーション指導士)、日本心臓病学会(理事)、日本循環器看護学会(理事長)、日本災害看護学会(指名理事)、日本循環器学会、日本がん看護学会、日本心不全学会、国際QOL学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、聖路加看護学会、ジャパンハートクラブ、日本精神保健看護学会、日本肺高血圧・肺循環学会

主な著書・論文

〈著書〉系統看護学講座 専門7 成人看護学3(2003年~2010年)編著
〈著書〉呼吸・循環障害のリハビリテーション(2008年)共著
〈著書〉ナースのための心臓リハビリテーション完全ガイド(2009年)編著
〈著書〉内部障害のリハビリテーション(2009年)共著
〈著書〉ケアに生かす循環器系検査・処置マニュアル(2010年)編著
〈著書〉現場の疑問に答える 心臓リハビリ徹底攻略(2011年)共著  
〈著書〉系統看護学講座 専門分野Ⅱ 成人看護学3 循環器(2011~2015年)編著
〈著書〉心不全ケア教本(2012年)共著
〈著書〉イラストでわかる心臓リハビリ入門(2012年)共著       
〈著書〉がん看護PEPリソース(2013年)共著
〈著書〉循環器ナースのための心リハ これだけ!マスター(2014年)共著
〈論文〉心臓リハビリテーションにおける患者教育と看護職の参画についての検討 日本リハビリテーション学会誌(2010年)
〈論文〉心不全予防に向けた看護師の役割と課題 日本循環器予防学会誌(2011年)
〈論文〉東日本大震災そのとき看護系教育機関としてどう動いたか 日本看護学教育学会学会誌(2013年)
〈論文〉循環器看護の現状と課題 Therapeutic Research(2015年)
〈論文〉循環器看護の役割拡大に向けて 臨床医のための循環器医療(2016年)

講演等が可能なテーマ

生活習慣病の患者教育、心臓リハビリテーション、循環器看護分野の看護師の役割・教育

学生へのメッセージ

宮城大学看護学群で生涯にわたり自己成長し続ける看護専門職を目指しましょう!