助教

二瓶 映美

二瓶 映美

Emi Nihei

所属 看護学群
学位 修士(医科学)東北大学 2010年
博士(看護学)宮城大学 2019年
E-mail niheie(a)myu.ac.jp
※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください
電話番号 0223778297
Webサイト  
シーズ集 禁煙をはじめとする働く人々の健康をより効果的に支援できる取組みを行っています

職位

助教

学歴

2007年3月 宮城大学看護学部看護学科 卒業
2010年9月 東北大学大学院医学系研究科修士課程修了
2018年9月 宮城大学大学院看護学研究科博士後期課程満期退学

主な職歴

2007年4月  東北大学病院 看護師
2009年2月  ソニー・ヒューマンキャピタル株式会社 保健師
2012年4月  財団法人 仙台市健康福祉事業団 保健師
2014年12月 セレスティカ・ジャパン株式会社 保健師
2015年8月  宮城大学看護学部 助教

本学における担当科目

公衆衛生看護学実習
地域看護学実習
地域看護援助論(産業看護)
公衆衛生看護活動論Ⅰ
公衆衛生看護活動論Ⅱ
公衆衛生看護マネジメント(演習)
総合実習

専門分野

産業看護学、地域看護学、公衆衛生看護学

所属学会・社会活動等

日本公衆衛生学会、日本産業衛生学会、日本禁煙科学会、日本産業ストレス学会、日本公衆衛生看護学会、宮城県公衆衛生学会
東北文化学園大学非常勤講師 公衆衛生看護方法論Ⅰ(産業保健)
宮城産業保健総合支援センター 産業保健相談員(保健指導)
宮城大学看護研究指導者研修(専門研修)担当
宮城県内事業所における保健師活動

主な著書・論文

<論文>地域中核病院の地域医療連携における看護師の実際の役割と今後期待される役割 A県の2つの自治体病院の看護師・医師・Mswのインタビューを通して(2007年)
<論文>自覚ストレスと循環器疾患死亡との関連(2009年)
<論文>東日本大震災により津波被害を受けた高齢者の避難所での体験(共著)(2018年)
<学位論文>産業保健師が成人中期男性労働者の禁煙への取組み状況を把握するための質問紙の開発と支援マニュアル(試案)の作成、宮城大学大学院看護学研究科 2019年度 博士論文(2019年)

研究内容

労働者に対する禁煙支援など健康づくり、保健師教育に関する研究を行っています。

講演等が可能なテーマ

健康づくりや産業保健に関するもの

学生へのメッセージ

保健師は幅広い分野で活躍していて、業務も多岐に渡ります。将来、保健師を目指す皆さん、一緒に学んでいきましょう!

TOP