ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 原田 茂樹

原田 茂樹

原田 茂樹
はらだ しげき
原田 茂樹
Shigeki Harada
1963年

所属

食産業学群

学位

工学博士 東京大学 1991年

E-mail

haradas(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451435

Webサイト

職位

教授

学歴

1986年3月 東京大学都市工学科 卒業
1988年3月 東京大学大学院修士課程 修了
1991年3月 東京大学大学院博士課程 修了

主な職歴

1991年4月 国立環境研究所
1996年4月 東京工業大学社会理工学研究科 連携併任助教授
1996年8月 MIT 客員研究員
1999年5月 京都大学大学院 助手
2005年4月 宮城大学食産業学部 講師
2010年4月 同上 准教授
2014年4月 同上 教授

本学における担当科目

環境科学入門、環境保全論、環境水質論、環境アセスメント論、再生可能エネルギー論、応用統計学、廃棄物処理論、環境計測・制御実験実習及び実験法、水利環境工学特論、環境計測・制御特論

専門分野

水環境動態解析、水環境制御、水文学、地域計画、環境社会学

所属学会・社会活動等

土木学会、水環境学会、農業農村工学会、水文水資源学会、環境放射能除染学会、環境科学会

主な著書・論文

著書:まちづくりキーワード事典(分担執筆)、土木学用語辞典(分担執筆)
最近の論文:
・宮城県太白区の旗立緑地内ため池の環境-TOCとCODの関係、およびすこやかさ指標を用いた評価-、用水と廃水(2016)
・環境科学の立場から温暖化に関する論争について感じること-温暖化脅威論(IPCC)と懐疑論の議論を振り返って-、用水と廃水(2016)
・Comparison of isotope analysis method with tank model calculation method to determine snowmelt dependence of river water、IJHST(2017)
・Evaluation of a method for removing Cesium and reducing the volume of leaf litter from broad-leaved trees contaminated by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Accident、Chemosphere(2017)
・Decontamination reduces radiation anxiety and improves subjective well-being after the Fukushima Accident、Tohoku J. Exp. Med. (2017)
・Examination of the representativeness of instantaneous flow rate using continuous flow rate data at a forestry natural stream in Sendai city, Miyagi prefecture, the northern part of Japan、JFE(in press)
その他の代表的論文:Ecological Eng.(2011); Chemosphere (2010);Mar. Ecol. Prog. Ser.(1999);Limnol. Oceanogr. (1998)

研究内容

本来の専門は、雨天時に市街地で起こる汚染物質流出の動態把握と制御ですが、それを農地や森林にまで拡張するとともに、それら流域から海域などの受水域へといたる物質の挙動と影響評価という広いテーマを設定しています。受水域での挙動には、生態系食物連鎖による物質循環と食料生産の関係解析も含みます。研究手法は、調査、分析、モデリング、社会科学的手法(環境指標による解析など)を含みます。

画像

大学近くのため池で透視度計測方法を学生に伝えています

流域から水域までの水の流れに沿った様々な項目を研究・教育しています。

より詳しい研究紹介

水環境工学研究室

所有している知財等

安定同位体計測法、メソコズム(隔離実験生態系)を用いた生態系影響解析、重金属捕捉型マンホールの実用化

講演等が可能なテーマ

水資源、水環境モデリング、水環境制御、再生可能エネルギー、地域環境計画、放射線のリスクと除染、リスクコミュニケーション

学生へのメッセージ

学生時代何かに打ち込んでみる、特に沢山の人の中で活動してみる、その中から自分らしさを探していくことが大事だと思います。時間はすべての人に公平に一日24時間、ならばどのように活用しますか?