ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 堀田 宗徳

堀田 宗徳

堀田 宗徳
ほった むねのり
堀田 宗徳
Munenori Hotta

所属

食産業学群

学位

法学士 亜細亜大学 1982年

E-mail

hotta(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451340

Webサイト

職位

准教授

学歴

1982年3月 亜細亜大学法学部 卒業

主な職歴

大学卒業後、広告代理店を経て
1989年4月 農林水産省所管 (財)外食産業総合調査研究センター入所
1999年7月 同センター 主任研究員
2005年4月 関東学院大学人間環境学部非常勤講師(2011年3月終了)
         尚絅学院大学総合人間科学部非常勤講師
2007年9月 仙台白百合女子大学人間学部非常勤講師(2012年3月終了)
2009年4月 宮城大学食産業学部フードビジネス学科 准教授
2012年4月 東北生活文化大学短期大学部非常勤講師(兼業)

本学における担当科目

フードサービス産業論、フードサービス事業運営論、フードサービス事業演習I、食品企業組織論、食品流通論、キャリア開発I、キャリア開発II、キャリアデザインIIなど

専門分野

外食・中食経営戦略論、食材流通・メニュー戦略、出店政策論、外食・中食統計

所属学会・社会活動等

日本フードシステム学会
日本食育学会

主な著書・論文

〈著書〉フードシステム学全集第7巻 フードシステムの展開と政策の役割(2003年)共著
〈著書〉明日を目指す日本農業(2007年)共著
〈著書〉東日本大震災とフードシステム(2012年)共著
〈著書〉食の経済入門2016年版(2016年)共著
〈論文〉最近の外食・中食産業の動向(2013年)
〈論文〉成熟市場における新製品・新サービス開発に関する考察-外食企業の事例から(2013年)
〈論文〉「中食の現況と今後の動向」 日本食品出版 ジャパンフードサイエンス2014年7月号 PP42-49
〈論文〉「カット野菜の需要拡大を背景とした関係者の連携」農畜産業振興機構 野菜情報2014年11月号 PP25-33
〈論文〉「最近の外食・中食産業の動向」製粉振興会 製粉振興2014年11月号 PP27-37
〈論文〉「2015年 中食の展望」日本食糧新聞新年号
〈論文〉「TPP発効による外食産業と国内産地との関係」昭和堂 「農業と経済」2016年6月臨時増刊号 PP80-85
〈論文〉「最近の外食・中食産業の動向」製粉振興会 製粉振興2016年11月号
〈論文〉「自社農場所有の外食企業の野菜調達の現状」農畜産業振興機構 野菜情報2017年3月号PP44-53

研究内容

普段身近な外食・中食ですが、その研究は理論にとどまらず、フィールドに出て、同業他社の同じメニューの価格、量、味、香り等を比較することも行っています。写真は4年生、3年生合同で牛丼の比較を行っているところです。

画像

研究生たちのメニュー比較の写真

より詳しい研究紹介

フードサービス研究室

講演等が可能なテーマ

外食・中食企業の経営戦略、消費者の外食・中食行動、外食・中食企業の食材調達とメニュー戦略など

学生へのメッセージ

食で人生が変わるかもしれませんよ!