ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 井上 達志

井上 達志

井上 達志
いのうえ たつし
井上 達志
Tatsushi Inoue

所属

食産業学群

学位

Ph.D Massey University (New Zealand) 1993年

E-mail

inoueta(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451273

Webサイト

職位

教授、副学群長

学歴

1992年12月 Massey University (NZ)博士課程修了

本学における担当科目

動物栄養と飼料、食材生産実習、基礎ゼミ、動物生産概論、産業実習、動物飼養・管理論、バイオ基礎実験及び実験法、動物実験及び実験法Ⅰ、スタートアップ・セミナー、アカデミック・セミナー、食産業学概論、全学自由ゼミ ほか

専門分野

動物用飼料
家畜管理
付加価値を付けた畜産物生産
畜産物の安全性

所属学会・社会活動等

日本畜産学会
日本草地学会
東北畜産学会
ペット栄養学会
日本毒性学会

主な著書・論文

The effect of species richness of vegetation on mineral condition of grazing cattle in a Japanese alpine pasture. (2012)
Evaluation of palatability of pork from the pigs fed a commercial diet partially substituted with a tofu by product.(2010)
牧草地におけるプルシアンブルー散布による牧草への放射性セシウム吸収抑制効果の検討 (2013)
国内流通ペットフードのメラミンおよび関連物質による汚染についての実態調査(2007)

研究内容

1.飼料や給与方法の工夫による付加価値畜産物生産
2.反芻家畜の硝酸塩中毒の非侵襲診断装置の開発
3.プルシアンブルーによる畜産物の放射性セシウムの除染に関する研究
4.ペットフードに対する付加価値付与
などに取り組んでいます。

より詳しい研究紹介

動物生化学研究室

講演等が可能なテーマ

1.付加価値畜産物生産
2.畜産環境からの放射性セシウムの除染
3.ペットフードの安全性

学生へのメッセージ

人間は生物である以上、いくら文明が進んでも生きるためには食べなければなりません。食べることは、生命の源点であると同時に生命の営みそのものでもあるのです。人間らしく食べてゆくにはどうすれば良いか、一緒に考えてみましょう。