ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 森田 明

森田 明

森田 明
もりた あきら
森田 明
Akira Morita

所属

食産業学群

学位

博士(農学) 東京大学 2003年

E-mail

morita(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451358

Webサイト

職位

准教授

学歴

1989年3月 東京大学農学部農業経済学科卒業
1996年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了

主な職歴

2003年4月 日本農業研究所研究員
2005年4月 宮城大学食産業学部講師
2010年4月 宮城大学食産業学部准教授

本学における担当科目

地域農村社会論
フードシステム調査演習Ⅰ(分担)
国際食品経済論
食料・農業・農村政策(分担)
食産業・政策史
企業倫理(分担)

専門分野

農業経済学,農業・農村政策,食産業史

所属学会・社会活動等

日本農業経済学会
日本農業経営学会
日本フードビジネス学会
日本年金学会

主な著書・論文

<著書>「戦後の二三男問題」(田端保・大内雅利編著『農村社会史』所収)農林統計協会,2005,pp.62-110.
<著書>「価格政策と日本の農業」(山崎亮一編著『現代「農業構造問題」の経済学的考察』所収)農林統計協会,2009,pp.101-142.
<論文>「農家の男子若年後継者の職業選択」『1997年度日本農業経済学会論文集』pp.77-79.
<論文>「農業者年金制度の導入とその機能の二重性―構造政策と農家高齢者への所得保障制度―」『農業経営研究』第42巻第1号,2004,pp.13-24.
<論文>「新たな農業者年金制度の機能と農業者」『農業及び園芸』第81巻第1号,2006,pp.2-13.
<論文>「農業者のための年金制度の成立」『土地と農業』,2017,pp.63-71.

研究内容

戦後の食料消費や食産業の歴史について,国家政策(農業政策・社会保障政策等)からの観点で研究しています。

より詳しい研究紹介

食料消費経済研究室

講演等が可能なテーマ

農業政策
食料消費の歴史

学生へのメッセージ

もの事を正しく観,そして,的確な意義・本質を考えること。
世の中に流布する先入見に惑わされず,曲学阿世に陥らず,もの事の本質を考えること。
そして,名を正すこと。