ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 中村 茂雄

中村 茂雄

中村 茂雄
なかむら しげお
中村 茂雄
Shigeo Nakamura
1962年

所属

食産業学群

学位

博士(農学) 東北大学 1997年

E-mail

nakamush(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451213

Webサイト

職位

教授

学歴

1985年3月 東北大学農学部農学科 卒業
1987年3月 東北大学大学院農学研究科博士課程前期 修了

主な職歴

1987年4月 住友化学工業株式会社
1989年4月 宮城県農業センター
2001年4月 宮城県農業・園芸総合研究所
2009年4月 宮城県産業技術総合センター
2013年4月 宮城県農業・園芸総合研究所
2014年4月 宮城大学食産業学部 教授

本学における担当科目

植物生理生態実験Ⅰ・Ⅱ、植物生産概論、植物病理学、環境保全型農業論、昆虫管理学、食用作物機能開発特論、害虫管理学特論、スタートアップ・セミナー、アカデミック・セミナー

専門分野

植物ウイルス、昆虫病原糸状菌

所属学会・社会活動等

日本植物病理学会、北日本病害虫研究会、日本土壌微生物学会、日本応用動物昆虫学会

主な著書・論文

<論文>The promoter of Milk vetch dwarf virus component 8 confers a constitutive and proliferating tissue-specific gene expression in both dicot and monocot plants.(2005年)
<論文>Characteristics of the promoters derived from the single-stranded DNA components of Milk vetch dwarf virus in transgenic tobacco.(2005年)
<論文>クローバ葉脈黄化ウイルスによるソラマメモザイク病の1次感染源(2010年)
<論文>Primer design for identifying economically important Liriomyza species (Diptera: Agromyzidae) by multiplex PCR.(2013年)
<論文>Attenuated mutants of Potato virus Y necrotic strain produced by nitrous acid treatment and mutagenesis-in-tissue culture methods.(2013年)

研究内容

植物ウイルス病発生生態の解明
農業生態系における有用微生物の探索と利用
環境にやさしい病害虫防除技術

より詳しい研究紹介

講演等が可能なテーマ

植物のウイルス病、畑の微生物

学生へのメッセージ

畑には農作物だけでなく様々な生き物がいます。人間の都合で名づけられた“雑草”や“害虫”だけでなく、“何の働きをしているかわからない菌”など、我々の知らない生物たちとうまく付き合う方法を一緒に考えましょう。