ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 老川 信也

老川 信也

老川 信也
おいかわ しんや
老川 信也
Shinya Oikawa
1959年

所属

食産業学群

学位

工学士 日本大学 1982年

E-mail

oikawasi(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451397

Webサイト

職位

准教授

学歴

1982年3月 日本大学工学部機械工学科 卒業

主な職歴

1982年4月 日本電信電話公社
1985年4月 日本電信電話株式会社
1988年3月 株式会社NTT-SOFT(出向)
1994年3月 日本電信電話株式会社
1999年3月 株式会社NTT-TE東北(出向)
2001年3月 株式会社NTT-ME東北(出向)
2005年4月 株式会社NTT東日本-宮城(出向)

本学における担当科目

情報化社会と技術,応用情報処理,食品流通論(オムニバス),経営情報学概論,eビジネス論,フードシステム調査演習Ⅱ

専門分野

食産業情報学(トレーサビリティ,AI農業,ICT活用)
6次産業化

所属学会・社会活動等

<学会>日本フードシステム学会,日本食育学会,日本災害食学会
<社会活動>キャリアアップ講師(NPO法人)

主な著書・論文

<論文>東日本大震災にみる被災時における物資供給について 2011年

研究内容

食品業界の「情報流」には、取引に関わる情報だけではなく、消費者にとって欠かせない表示などの安全と安心に関わる情報もあります。また、ビッグデータと言われるオープン情報(気象情報など)を活用することで、未知の売れ筋などの予測も可能になります。
トレーサビリティという情報基盤を使って、消費者と事業者間の情報流通に取り組んでいます。

より詳しい研究紹介

食産業情報学研究室

講演等が可能なテーマ

1.食品トレーサビリティについて 2.農業のIT化について 3.食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)について 4.キャリア教育について

学生へのメッセージ

普段の生活の中でも、「なるほど!」と思うだけではなく、「何故?」「この場合は・・」と自分なりの考えを付加することで、知識の引き出しが増えていきます。多面的な考え方により、多方面への応用力を身につけましょう。