ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 斎藤 秀幸

斎藤 秀幸

斎藤 秀幸
さいとう ひでゆき
斎藤 秀幸
Hideyuki Saito
1967年

所属

食産業学群

学位

博士(農学) 岩手大学 2014年

E-mail

saitohi(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222452211

Webサイト

職位

助教

学歴

1990年3月 千葉大学園芸学部園芸学科 卒
1997年3月 東北大学大学院農学研究科(前期課程 社会人枠) 修了

主な職歴

1991年4月 宮城県農業短期大学附属坪沼農場 助手
2002年4月 同上 講師
2005年4月 宮城大学食産業学部ファームビジネス学科 助手
2007年4月 同上 助教
(2011年4月から附属坪沼農場園芸フィールド管理者を兼務)

本学における担当科目

園芸学Ⅰ
園芸・作物実験実習ⅠⅡ
食材生産実習
食材生産・加工実習
科学基礎実験等

専門分野

蔬菜(野菜)園芸学

所属学会・社会活動等

園芸学会
園芸学会東北支部
日本生物環境工学会
日本農業教育学会

主な著書・論文

<論文>
Growth promotion of Komatsuna by ozonated water supplied intermittently to underground roots (2016)
Effect of ozonated water supplied intermittently to underground roots on the growth of Komatsuna (2015)
カブの花房形成に及ぼす低温処理期間とジベレリンあるいはウニコナゾール施与の影響(2014)
カブ春播き品種の花房形成に及ぼす温度と日長の影響における品種間差(2011)
カブの低温感応における各種温度の影響と短日による抑制作用の明確化(2009)
カブの花房形成に及ぼす24時間の日長処理期間とジベレリンあるいはウニコナゾールの影響(2004)
カブの花房形成に及ぼす低温処理中の高温処理の影響(2003)
カブの花房形成に及ぼす低温処理期間と低温処理後の日長の影響(2001)
附属農場果樹園の管理運営に関して(2002)
宮城県内における在来種・有用遺伝子源の調査(2001)
ニホンナシ初姫の果実特性について(2001)
マメコバチ放飼による受粉の効率化について(1994)

研究内容

主に野菜の花芽ができる仕組みを研究しています。温度や日長を変えて育てたり、植物ホルモンを与えたりして調査しています。また、最近は、西洋野菜、伝統野菜、オゾン水施与の影響についても検討しています。

より詳しい研究紹介

蔬菜(野菜)園芸学研究室

講演等が可能なテーマ

野菜園芸が専門ですが、附属農場に長年おりましたので、一応、園芸全般についてお話できます。

学生へのメッセージ

様々な可能性に挑戦してください。「案ずるより産むが易し」です。行政書士をはじめ各種の資格を持っておりますので、学習方法等ご助言できるかもしれません。お気軽にご相談ください。