小嶋秀樹 | 授業情報 | 研究室
日本語 | English
福祉のための人間理解とテクノロジー活用

障害者や高齢者を含めたすべての人が,さまざまな制約を越えて,充実した社会活動に自由に参画できるような福祉社会が理想です.そのために必要となるテクノロジー(とくに情報通信技術やロボティクス)の開発と,それを裏打ちする人間理解(とくに認知科学・発達心理学)に取り組んでいます.