教員募集のお知らせ(2020年6月30日締切)

事業構想学群事業プランニング学類(教授又は准教授1名)

下記のとおり,教員募集を行っております。

1 所属 事業構想学群 事業プランニング学類
2 職種及び人員 教授又は准教授 1名
3 勤務形態 常勤
4 専攻分野 経営学、経営戦略論
5 担当予定科目

(学群)経営学関連科目(経営戦略論、経営学概論、現代企業論など)、事業プランニング演習(ゼミ)、卒業研究等

(大学院)ストラテジー(経営戦略)、大学院基礎科目、大学院演習科目(大学院研究指導)等

 ※ 現在、カリキュラム改定を検討しており、基盤教育科目、学群専門科目および大学院科目で、上記以外の科目を担当、運営あるいは補助業務を行っていただく場合があります。
6 採用予定年月 令和2年10月1日又は令和3年4月1日
7 任期

初任任期4年、再任任期5年

2回目の再任審査以後は、定年退職まで期間の定めのない労働契約となる。
8 応募資格 下記の(1)~(7)のいずれにも該当する方

(1)専攻分野に関する修士以上の学位を有するか、又はこれと同等以上の学識経験若しくは実務経験を有する方(博士の学位を有する方が望ましい。)

(2)経営戦略論等の経営学に関する教育または研究の実績を有すること(情報産業に関する研究業績があれば、なお望ましい。)

(3)実践的な研究または実務の実績を有すること

(4)事業プランニング領域の教育、研究、社会・地域貢献に積極的に取り組んでいただける方

(5)事業プランニング領域に限らず、地域創生領域、価値創造デザイン領域とも連携した事業構想学の教育・研究に積極的に取り組んでいただける方

(6)担当科目に限らず、大学における教育・研究に情熱を持ち、学内業務や地域との連携事業等に積極的に取り組んでいただける方

(7)学校教育法第9条各号に規定する欠格条項のいずれにも該当しない方

9 待遇

労働時間 :専門業務型裁量労働制適用(月~金、5:00~22:00までの間で自己の裁量   

      により、始業・終業の時刻、休憩時間を変更可)

休  日 :日、土、祝日、年末年始

休  暇 :年次有給休暇20日(ただし、採用初年度は15日)、夏季休暇5日等

給料月額 :履歴等を勘案し、下記の範囲内で決定

      教 授 408,900円~542,500円

      准教授 326,500円~457,500円

      (参考)大学卒業後、10年の会社(同種の職種)勤務(勤務中に博士取

      得)、10年の大学教員歴を経て採用された場合

       ・教授として採用された場合の給料月額:463,000円

       ・准教授として採用された場合の給料月額:428,900円

諸 手 当 : 期末勤勉手当(6月、12月(年間、給料月額の約4.5か月分支給))

        給料の調整額(研究科の授業を担当した場合:月額15,100円~(教授),

      月額12,800円~(准教授))

      家族手当(配偶者:月額6,500円、満22歳に達するまでの子:一人当たり

      月額10,000円~等)

      地域手当(給料月額の約4.5%支給)

      その他(住居手当、通勤手当、入試手当、特別業務手当等)

       ※ 本学の賃金規程

        (https://www.myu.ac.jp/about/outline/regulations/)

退職手当  : 退職時の給料月額及び勤続年数に応じて支給

教員宿舎  : あり(空き4LDK 2室、3LDK 1室/令和2年3月1日現在)

       ※ 本学大和キャンパスまで2km圏内
10 提出書類

(1)個人調書       1部

(2)教育職務研究業績書  1部

(3)専攻分野に関連させて、「応募理由と宮城大学における教育に関する抱負」について、A4サイズで1, 200字程度(任意様式)にまとめたもの 1部

(4)主要な論文又は著書(写しで可) 3編程度 

(5)「事業構想における自己の研究テーマの基本的視座と研究方法、今後の課題等」について、A4サイズで2,000字程度(任意様式)にまとめたもの

(6)照会可能者2名の氏名、所属、連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレス)

 

※「個人調書」「教育職務研究業績書」の様式については、下記様式をダウンロードすること。

 個人調書(Word)

 教育職務研究業績書(Word)

 記入上の注意事項(pdf)
11 募集期間 令和2年6月30日まで(必着)
12 選考の方法

(1) 一次審査・・・書類審査(論文審査を含む)

(2)二次審査・・・①主要業績プレゼンテーション(20分)

             ②模擬授業(20分)

                ③質疑応答(30分)

13 応募書類提出先

〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑1番地1

公立大学法人宮城大学事務局総務課労務管理グループ

(「公募書類在中 事業構想学群(経営学、経営戦略論)教授又は准教授(※希望する職種)」と朱書の上、簡易書留で郵送(持参不可)するものとする。)

14 問合せ先

事務局総務課労務管理グループ 漆田 光幸

電話 022-377-8511 
E-mail roumu@myu.ac.jp

15 その他

(1)待遇は、本学就業規則及び賃金規程に基づく。給与は、学歴・経歴等により決定する。

(2)法人の規程については、本学ウェブサイトの「大学について」の「規程集」を参照とすること。

(3)応募書類に記載された個人情報は、本採用選考のみ使用し、他の目的には一切使用しません。また、応募書類は返却しません。

(4)二次審査の際の旅費は、自己負担とする。

 

(参考1)

 事業構想学群が対象とする事業には、行政、企業、非営利組織、住民が関わる社会基盤整備・管理、営利活動、非営利活動など、様々な種類のものがある.それらの事業を構想するということは、想いを描くだけではなく、それを実行可能かつ持続可能なものとして構築していく必要がある.特に、少子高齢化、人口減少、震災復興など様々な課題を抱える東北においては、地域資源や知のネットワークを活かして新しい価値を探求・創造し、地域を持続的に発展させていくため、地方行政、地域産業、地域社会の各分野で先導的役割を担える人材を育成することが必要である.その際、地域課題は時と場所により異なってくることから、いくつかの事例に基づく教育だけではなく、状況の違いにも対応し得るよう基本的理論を身につけさせる必要がある。

 事業構想学群では、地方行政・地域社会の課題に対し、社会的・経済的な視点から取り組む「地域創生」、地域活性化の主導的役割を担う地域行政・地域産業の高度化に対して、経営的な視点で取り組む「事業プランニング」、それらの課題解決、高度化に対して、理論的・技術的な視点から取り組む「価値創造デザイン」の3領域が連携して人材育成にあたる。

■ 事業プランニング領域

 地域活性化を担う産業の創造的発展のためには、人間の行動原理、経済システムの挙動を理解し、地域資源も活用し、新たな価値創造と持続可能なビジネスモデルを構築していくことが必要である.これまでの会計・財務、人事、販売だけでなく、調達、情報、立地についてのプランニングを、特に理論面で充実させていく人材を求める。

 

(参考2)

 本学への交通アクセス:https://www.myu.ac.jp/access/

 教育施設:https://www.myu.ac.jp/about/institution/

 本学の教員紹介:https://www.myu.ac.jp/teacher/

TOP