教員募集のお知らせ(2024年6月28日締切)

看護学群看護学類(教授又は准教授1名)

下記のとおり、教員募集を行っております。

1 所属 看護学群 看護学類
2 職種及び人員 教授又は准教授 1名
3 勤務形態 常勤
4 専攻分野

次世代育成看護学分野(養護教諭教育課程)

5 業務内容

(1)看護学群並びに看護学研究科における教育及び研究指導等

【担当科目】

学校保健論、養護概説、健康相談活動、養護実習(共担)、教職実践演習(養護教諭)(共担)、総合実習(学校看護)、総合実習、卒業研究、スタートアップセミナー、 大学院関連科目(共担)等

(2)専攻分野に関連する研究

(3)大学及び看護学群並びに看護学研究科の運営業務

(4)大学及び看護学群並びに看護学研究科が進める地域・社会貢献活動への参画

6 採用予定月日

令和7年4月1日(応相談)

7 任期

初任任期4年、再任任期5年

2回目の再任審査以後は、定年退職まで期限の定めのない労働契約となります。
8 応募資格

次の1~3のいずれにも該当する方

1 専攻分野に関する修士以上の学位を有する方

2 看護師免許及び養護教諭免許状を有する方

3 養護教諭の実務経験を有する方

4 学校教育法第9条各号に規定する欠格条項のいずれにも該当しない方 

9 待遇

労働時間 :専門業務型裁量労働制適用(所定労働日に勤務した場合は、7時間45分勤
      務したものとみなされます。)

休  日 :日、土、祝日、年末年始

休  暇 :年次有給休暇20日(ただし、採用初年度は15日)、夏季休暇5日等

給料月額 :履歴等を勘案し、下記の範囲内で決定します。

      教 授 413,000円~543,800円

      准教授 337,900円~458,700円

     (参考)大学卒業後、10 年の病院勤務(勤務中に博士の学位取得)、10 年

      の大学教員歴を経て採用された場合

      ・教授として採用された場合の給料月額:465,300 円

      ・准教授として採用された場合の給料月額:430,900 円

諸  手  当 :期末勤勉手当(6月、12月(年間、給料月額の約4.5か月分支給))

      給料の調整額(研究科の授業を担当した場合:月額15,100円~(教

      授)、月額12,800 円~(准教授)))

      家族手当(配偶者:月額6,500円、満22歳に達するまでの子:一人当たり

      月額10,000円~等)

      地域手当(給料月額の約4.5%支給)

      その他(住居手当、通勤手当、入試手当、特別業務手当等)

       ※ 本学の賃金規程

        (https://www.myu.ac.jp/about/outline/regulations/)

退職手当 :退職時の給料月額及び勤続年数に応じて支給します。

教員宿舎 :あり

10 提出書類
  1. 個人調書     1部

  2. 教育研究業績書  1部

  3. 専攻分野に関連させて、「応募理由と宮城大学における教育・研究に関する抱負」について、A4サイズで1,000字程度(任意様式)にまとめたもの  1部

  4. 関係論文(写しで可) 2編

※「個人調書」「教育研究業績書」の様式については、下記様式をダウンロードしてください。

    個人調書(word)

 教育研究業績書(word)

 記入上の注意事項(pdf)
11 募集期間 令和6年6月28日(金)まで(必着)
12 選考の方法

1.  一次審査・・・書類審査

2. 二次審査・・・①主要業績プレゼンテーション(20分)

        ②模擬授業(20分)

        ③質疑応答(30分)

13 応募書類提出先

〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑1番地1

公立大学法人宮城大学事務局総務課労務管理グループ

(「公募書類在中 看護学群(次世代育成看護学分野(養護教諭教育課程))教授又は准教授(※希望する職位を記載)」と朱書の上、簡易書留で郵送(持参不可)してください。)

14 問合せ先

事務局総務課労務管理グループ 佐藤 健太

電話 022-377-8511      E-mail roumu@myu.ac.jp

15 その他
  1. 待遇は、本学就業規則及び賃金規程に基づきます。給与は、学歴・経歴等により決定します。
  2. 法人の規程については、本学ウェブサイトの「大学について」の「規程集」を参照してください。
  3. 応募書類に記載された個人情報は、本採用選考のみ使用し、他の目的には一切使用しません。また、応募書類は返却しません。
  4. 二次審査の際の旅費は、自己負担とします。

<参考>

 本学への交通アクセス:https://www.myu.ac.jp/access/

 教育施設:https://www.myu.ac.jp/about/institution/

 本学の教員紹介:https://www.myu.ac.jp/teacher/

TOP