ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 国際交流・留学生センター > リアル・アジア(アジア研修プログラム)第4弾  レポートVol.2

リアル・アジア(アジア研修プログラム)第4弾  レポートVol.2

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月13日更新

ベトナムで活躍する日本企業等を訪問しました! Students Explore Business in Vietnam

宮城大学グローバル人材育成プロジェクト「リアル・アジア」ベトナム研修プログラムの目的のひとつに、参加する学生にベトナム企業や日本企業のベトナム現地法人等を訪問する機会を提供することがあります。
企業の幹部職員と会い、質問をし、稼働中の工場を見学することにより、学生は、ビジネスにおいて文化がいかに重要な役割を担っているかについて洞察力を養います。こうした企業訪問によって、卒業後にグローバル企業で働くことを考えるようになったと話す学生も多く、「リアル・アジア」プロジェクトは、ますます競争が激しくなる社会において活躍できるグローバル人材を育成するという宮城大学の目標の達成に重要な役割を果たしています。
「リアル・アジア」ベトナム研修プログラム第4弾の学生はこれまで3つの企業を訪問しています。
アンザン省では、冷凍食品や南国野菜の缶詰のベトナムにおける輸出大手であるアンザン果菜食品合資会社様を訪問しました。工場に入り生産ライン全体を見学できたことは貴重な経験となりました。
続いて、本学事業構想学部の中田千彦准教授の紹介により電通ベトナム様を訪問しました。社長の篠田学様からは、ベトナムにおけるマーケティング手法を中心に会社の歴史についてご説明いただきました。学生は、ベトナムにおける広告産業の実際と、電通様がその中で指導的役割を果たされていることに魅了されました。
最後に、私たち一行はエースコックベトナム様を訪問し、武田恭明様から同社の20年間にわたるベトナムでの成功までの道のりについて、情報に富んだプレゼンテーションをいただきました。工場見学では、ベトナム麺の製造業について理解を深めることができ、ここでも貴重な経験となりました。
今後の「リアル・アジア」プロジェクトにおいても、学生が企業を訪問する機会を戦略的に設け、学術的な学びと実践的な学びを結びつけていきます。

   アンザン果菜食品合資会社様訪問   電通 ベトナム社様訪問

   エースコック ベトナム社様訪問  


【English】

One goal of Miyagi University’s Real Asia Study Program in Vietnam is to give participants the opportunity to visit both Vietnamese companies and Vietnamese subsidiaries of Japanese companies. Meeting with company executives, asking questions, and observing factories in action gives students insights into, among other things, how culture plays a key role in business. Students often talk about how these visits lead them to think about working for a global company upon graduation. Real Asia is playing an important role in ensuring the University achieves its goal of creating the global human resources required for Japan to successfully compete in an increasingly competitive world.

Students participating on the 4th Real Asia Program had the opportunity to visit three companies. While in An Giang Province, the group was welcomed at the home-offices of ANTESCO (An Giang Fruit-Vegetable & Food Stuffs Joint Stock Company), one of Vietnam’s leading companies specializing in the production and export of frozen foods and canned tropical vegetables. Being able to enter the factory and observe the entire production line was a rare experience.

Through an introduction by Senhiko Nakata Associate Professor of Miyagi University, the group next visited the offices of Dentsu Vietnam. General Director Gaku Shinoda took time to greet students and discuss the history of Dentsu with an emphasis on its marketing approach in Vietnam. Students were fascinated by the details of the advertising industry in Vietnam and the leadership role played by Dentsu.

Finally, the group spent an entire morning at the offices and factory of Vina Acecook, or Acecook Vietnam. General Deputy Assistant Yasuaki Takeda delivered a very informative presentation about the company’s successful 20-year venture in Vietnam. A tour of the factory was another rare experience and gave students a clearer understanding of the Vietnamese noodle product industry.

Future Real Asia programs will continue to include strategic opportunities for students to visit companies and so link academic and practical study together in a meaningful way.


リアル・アジア特設ウェブサイトでは、参加している学生の声をリアルタイムで紹介しています。ぜひご覧ください。
http://realasiamyu.com/