ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 大和町の新たなPR施設の設置に向けた活動をしています

大和町の新たなPR施設の設置に向けた活動をしています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月24日更新

新たなPR施設の設置

シンボルタワー 大和町のシンボルとして親しまれてきたシンボルタワーは,設置から25年が経過し,老朽化により平成28年8月に解体されました。大和町のPRという役割を継ぐ新たな施設の設置が期待される中,本学事業構想学部デザイン情報学科の学生の3つのグループが,そのデザインの提案をいたします。

大和町長と宮城大学生との意見交換会

 10月16日(月曜日)に大和町の浅野町長にご来校いただき,学生・指導教員と新たなPR施設の設置についての意見交換会を行いました。
 本学の学生からは,周辺の交通量や道路からの視認性など,デザイン提案のための具体的な質問や,人口増加率が県内一となっている要因,今後のまちづくりの展望に関する質問などもあり,浅野町長からはそれらの回答と共に,自由な発想で感じたままに大和町をイメージしてデザインしてほしいとの要望が出されました。
 学生グループは11月下旬までにPR施設のデザイン案を検討し,提出した案は「広報たいわ1月号」に掲載される予定です。

様子1 様子2