事例紹介

共同研究・受託事業

本学の教員が有する研究シーズを活用し,企業や地方自治体が抱える課題の解決を支援します。共同研究においては,コーディネーターが教員とのマッチングや契約,進捗管理を行うとともに,研究資金の獲得に向けて各種外部資金の情報提供や申請支援を行います。
受託事業においては,コーディネーターが企画段階から相談者と連携して,体制づくりや教員とのマッチングを図り,より良い実践計画を作成します。各種調査,グループワーク,フィールドでの実践等を支援し,さまざまなステークホルダーと連携しながら課題解決に取り組み,地域の発展に貢献します。

東松島市「森の学校プロジェクト」

ICT在宅農福連携モデルの実証実験

「仙台雪菜」を使用した加工品レシピの開発

仙台市消防局のプロモーションデザイン

コロナ禍の観光ツール「秋保観光PR動画」の製作


公開講座・セミナー

宮城大学は地域に開かれた大学として,本学の教育や研究の成果を広く地域の方々に還元するため,公開講座を開催
しています。講座では,本学教員が健康づくりや,地域の歴史,食品の美味しさ・安全など身近なテーマをわかりや
すく講義します。また,企業や地方自治体との連携を深めるためのシンポジウムやセミナーを開催しています。
大和キャンパス交流棟 2 階には,地域との交流拠点として多目的に利用できるオープンスタジオ “PLUS ULTRA-”
を設けており,研修会やワークショップなどを行っています。

自治体向け「公共交通セミナー」

企業向け「クローバーウニセミナー」

学ぼう英語のいろいろ


共創プロジェクト

宮城大学の 3 学群の学生が参画し,多様なセクターとの連携によるプロジェクトの創出を進めています。「産官学金」による連携に加えて,地域コミュニティやNPO といった多様な組織のネットワークを形成し,地域社会の課題に対して,各セクターが持つ技術やアイディアを集結しながら解決を目指すとともに,新しい地域の魅力を共に作り出すプロジェクトを生みだします。
これまで,地域イベントにおける地場産品のメニュー開発と販売実践,震災を契機に新産業の創出を企図したオリーブの産地化とオリーブ葉の飼料化,町民のアイデアを活かした空間づくりといった地域資源を活用した取り組みが共創プロジェクトとして生まれています。

Reborn-Art Festival「コミュニティプランナープログラム」

大和町議会との懇談会

産官学民による利府町「tsumiki」プロジェクト

大和町ワイナリー「観光デザイン」

「大和町少年少女発明クラブ」でのプログラミング教育の実践

TOP