ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > かまぼこ業界における新商品開発、販路拡大のための調査研究事業

かまぼこ業界における新商品開発、販路拡大のための調査研究事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月24日更新

宮城県中小企業団体中央会と宮城大学の連携による
      「かまぼこ業界における新商品開発、販路拡大のための調査研究事業」が始まりました

 宮城県中小企業団体中央会と宮城大学との連携で、宮城県の主要産品のひとつである「かまぼこ」の新商品開発、販路開拓を目的とした調査研究事業が始まりました。「かまぼこ」は日本の伝統的な食品ですが、日本人の食生活多様化と若者を中心とした魚離れを反映して消費量が減少傾向にあります。

 本研究事業では、産学官および学生との連携により、新時代にマッチした商品の開発とその販売方法を研究し、日本を代表する産地である宮城県産かまぼこの販路拡大をめざします。

 この研究事業の一環として、「”みやぎのかまぼこ”学生アイディアコンテスト」を開催し、学生から広くアイデアを募集します。このコンテストでは、優秀作品を表彰するとともに、事業化を計画します。コンテストの詳細は、下記の宮城県中小企業団体中央会のWebサイトを参照してください。

http://www.chuokai-miyagi.or.jp/sonota/h26kamacon/

かまぼこアイディアコンテスト

 この事業やコンテストに宮城大学からは、事業構想学部及び食産業学部の下記の4研究室が参画しています。
 【事業構想学部】 藤原 正樹 研究室高力 美由紀 研究室
 【食産業学部】   西川 正純 研究室毛利 哲 研究室

 <問合せ先>
 宮城大学地域連携センター (担当:植嶋)
 〒981-3298 黒川郡大和町学苑1番地1 
 電話:022-377-8208   FAX:022-377-8282  E-mail:kouhou@myu.ac.jp