ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 研究情報 > 外国人特別研究員 Buchheim, Evelina Marina先生 着任のお知らせ

外国人特別研究員 Buchheim, Evelina Marina先生 着任のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月23日更新
  1. 外国人特別研究員 着任のお知らせ
  2. Buchheim, Evelina Marina 先生のプロフィール
  3. Buchheim, Evelina Marina 先生から一言

外国人特別研究員 着任のお知らせ

宮城大学では,学術研究の更なる活性化と国際化を図るため,海外校との連携協定の締結や,人的交流の推進に力を入れています。

このたび,その取組の一環として,共通教育センターの山本まゆみ准教授が,日本学術振興会(JSPS)が実施する外国人研究者招へい事業に応募し,厳正な審査の結果,本学初の外国人特別研究員として,Buchheim, Evelina Marina 先生をお迎えすることができました。

「外国人研究者招へい事業」は,諸外国の優秀な研究者を外国人特別研究員として招へいし,我が国の研究者との共同研究,討議,意見交換等を行う環境を整えることにより,外国人研究者の研究を支援すると同時に,外国人研究者との研究協力関係を通じて,我が国と諸外国における学術の発展に資することを目的とするものです。

平成27年度は,これまでに全国で42人の外国人特別研究員が採用されていますが,人文学分野の採用者は3人で,そのうちの1人がBuchheim, Evelina Marina 先生です。

平成27年7月1日から12月31日までの在任期間中,山本准教授とともに「日本占領期インドネシア都市における人脈」に関する研究に取り組むとともに,学生が国際的に活躍する研究者と直に接する機会を設け,海外への知的関心と相互理解を深めるなど,教育面でもお力添えいただく予定です。

外国人研究者招へい事業(JSPS Postdoctoral Fellowship for Overseas Researchers)

日本語 http://www.jsps.go.jp/j-fellow/index.html

English http://www.jsps.go.jp/english/e-fellow/index.html


 Buchheim, Evelina Marina 先生のプロフィール

専門は,人類学,近代史で,平成21年にアムステルダム大学(オランダ)で博士(社会科学)の学位を取得されました。

現在は,日本占領期インドネシアの公文書・史資料を最も多く所蔵するオランダの政府研究所であるオランダ王立戦争資料研究所(Institute for War, Holocaust and Genocide Studies(NIOD))に在籍され,日本占領期インドネシアにおけるヨーロッパ系市民の生活に関する歴史研究において,独創的で綿密な手法を駆使して顕著な業績を上げておられます。

受入れ側の山本まゆみ准教授は,インドネシアの慰安婦研究に20 年近く携わり,NIODにおいてもたびたび調査研究を行っていますが,その際Buchheim先生と互いの研究の意見交換をするなど親交を温め,国際学会において研究成果を共同発表するなど交流を深めています。


Buchheim, Evelina Marina 先生から一言

I arrived in Sendai on the 1st of July as a postdoctoral JSPS fellow to work together with Professor Mayumi Yamamoto on research related to World War II in Indonesia. From the moment I arrived, I felt welcome at Miyagi University; President Nishigaki and the administration staff gave me a great welcome! I am very happy with an office in the beautiful Miyagi University Taiwa campus where I can concentrate on my work and am delighted to spend six months here.

During the coming months, I am looking forward to the chance to talk with students and staff about history, research, Miyagi-ken and more in English and even Japanese! My knowledge of Japanese is very basic, but I am eager to meet you all!