ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 宮城大学公開講座-平成29年度10月~平成30年3月-を開催します

宮城大学公開講座-平成29年度10月~平成30年3月-を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月27日更新
公開講座 宮城大学の知-研究の最前線- 

  宮城大学教員の研究成果,考えを講義し,内容は「高度な内容であっても分かりやすく」をモットーにした公開講座を開催いたします。皆さま,是非ご参加ください。

※下記見出しをクリックすると詳細な箇所に進みます。

第7回 10月28日 これからの食産業はどのようになるのか?―飽食から崩食?!― 終了しました

第8回 11月18日 男女の違いから育児の本質を探る―産後における夫婦の相互作用の研究より― 終了しました

第9回 12月16日 くさい・美味い・楽しい発酵ライフ

第10回 1月28日 市民活動とフィランソロピー

第11回 2月17日 家族が乳がんと診断された時,考えるべきこと,やるべきこと

第12回 3月24日 高齢化社会の資産継承―相続税対策・遺言・成年後見・家族信託―

テーマ・開催日時・会場・講師

第7回 これからの食産業はどのようになるのか?―飽食から崩食?!― 終了しました

人口減少,食料自給率の停滞,生産者の高齢化,食の簡便化,食の外部化の拡大,消費者ニーズの多様化など,食をめぐる環境が急速に変化している中,消費者ニーズをどのようにくみ取り,それに対応するため生産者のみならず食品業界がどのような対策を考えないといけないのか,数字をもとに解説します。

日時:平成29年10月28日(土曜日) 午前10時30分~正午

会場:SS30(住友生命仙台中央ビル) 15階 第5会議室 (宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1

定員:30名(先着順)

講師:堀田 宗徳 准教授

大学卒業後,広告代理店を経て,平成元年農林水産省所管(財)外食産業総合調査研究センター入所。平成11年,同センター主任研究員,平成17年尚絅学院大学・平成19年仙台白百合女子大学の非常勤講師兼任。平成21年宮城大学食産業学部奉職,平成24年から東北生活文化大学短期大学部非常勤講師兼任。研究領域は,外食・中食産業の経営戦略,メニュー・食材調達,立地戦略,消費者の外食・中食行動分析など。

第8回 男女の違いから育児の本質を探る―産後における夫婦の相互作用の研究より― 終了しました

子どもが生まれると夫婦の間に何が起こるのでしょうか?近年,産後夫婦のすれ違いのことを「産後クライシス」と称していますが,本講座では著者の研究結果から,産後クライシスのからくりとその予防方法を解説します。これから親になる方,子育て中の方,男女の違いや産後夫婦の特性から育児の本質を考えてみませんか。

日時:平成29年11月18日(土曜日) 午前10時30分~正午

会場:SS30(住友生命仙台中央ビル 8階 第2会議室(宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1)

定員:30名(先着順)

講師:塩野 悦子 教授

仙台市生まれ。聖路加看護大学大学院(看護学修士),東京医科歯科大学大学院(看護学博士)修了。職歴は聖路加国際病院,聖路加看護大学,愛育病院等を経て,開学時より宮城大学看護学部へ。また助産師として,市内の両親教室,中高生向けの親になる備え講座を長年実施。「みやぎ多胎ネット」代表として多胎育児支援を実施。

第9回 くさい・美味い・楽しい発酵ライフ

乳酸菌や酵母,麹菌などの食品微生物の作用によって造られる発酵食は,古くから食されている伝統食品です。近年では,乳酸菌などの健康機能に関する研究が進み,発酵食品に対しても健康機能に対する評価が高まっています。この講座では,微生物の基礎知識や発酵食品の特性,近年の研究,簡単な発酵食品の作り方などについて解説します。

日時:平成29年12月16日(土曜日) 午前10時30分~正午

会場:宮城大学太白キャンパス (宮城県仙台市太白区旗立二丁目2番1号)

定員:50名(先着順)

講師:金内 誠 教授

昭和46年山形県生まれ。東京農業大学大学院修了。博士(生物環境調節学)。カリフォルニア大学デーヴィス校博士研究員,食品会社研究所勤務を経て,宮城大学食産業学部助手採用。平成29年4月より現職。専門は発酵・醸造学。ビール醸造における酸化防止に関する研究や乳酸菌による果実様香気成分の生成,乳酸菌による炎症性物質の消去活性など論文多数。

第10回 市民活動とフィランソロピー

経済重視型社会の限界を乗り越え,生活重視型社会へと変化を遂げつつあるとも言える日本社会において,近年どのような市民活動やNPOによる活動が行われ,またそれをフィランソロピー(慈善活動・社会貢献活動)がどのように支えているでしょうか。データを見つつ,これまでの動向や現状について紹介します。そして,これからの社会の展望について考えましょう。

日時:平成30年1月28日(日曜日) 午前10時30分~正午

会場:宮城大学大和キャンパス 本部棟3階 302講義室 (黒川郡大和町学苑1番地1)

定員:50名(先着順)

講師:石田 祐 准教授

大阪府出身,兵庫県育ち。関西学院大学総合政策学部,同大学院総合政策研究科,大阪大学大学院国際公共政策研究科修了。ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部研究員,国立高等専門学校明石工業高等専門学校准教授を経て,平成28年10月より現職。研究テーマは,公共サービス供給における政府とNPOの役割,家計と企業のフィランソロピーなど。

第11回 家族が乳がんと診断された時、考えるべきこと、やるべきこと

がんは治療や療養経過において心身の負担が大きい病気です。女性の罹患率が最も高い乳がんは,日本人の14人に1人が一生のうちに1度は経験するという統計結果が出ています。乳がんと診断された時,本人だけでなく,家族にも大きな影響が生じます。家族への影響を具体的に説明し,面接調査による配偶者の方々の取組みについてご紹介します。

日時:平成30年2月17日(土曜日) 午前10時30分~正午

会場:宮城大学サテライトキャンパス SS30(住友生命仙台中央ビル)2階 (仙台市青葉区中央4丁目6-1)

定員:30名(先着順)

講師:菅原 よしえ 教授

看護師として約15年の病院勤務を経験後に,兵庫県立大学大学院看護学研究科修士課程でがん看護を専攻する。修了後に,がん看護専門看護師として,がん看護相談や緩和ケアチームで活動する。2014年岩手県立大学大学院看護学研究科博士後期課程を修了し,現在は,宮城大学にて,成人看護学及びがん看護学の教育と研究に携わっている。

第12回  高齢化社会の資産管理と対策 ―相続税対策・遺言・家族信託・成年後見―

相続対策では,節税対策に注力される傾向にあります。しかし,節税と納税のしやすさは別次元の話です。また,節税と遺産を多く残すことは別次元の話です。節税に成功したが破産するケースもあります。また,遺言書も必ずしも争族防止になるとは限らず,裁判リスクを高める危険性がある等,相続対策でのメリット・デメリットをお話します。

日時:平成30年3月24日(土曜日) 午前10時~正午

会場:宮城大学サテライトキャンパス 住友生命仙台中央ビル(SS30)2階  (仙台市青葉区中央4丁目6-1)

定員:30名(先着順)

講師:内田 直仁 准教授

会計事務所,東海大学を経て現職。立教大学で会計学を東北大学で租税法を学ぶ。MBA,税理士を取得。専攻は,利益追求と社会貢献の両立を中心とした社会関連会計学と相続税を中心とした租税法学。

受講料:無料

申込方法

FaxまたはEメールに受講する講座名,氏名,住所,電話番号,職業,年齢(○歳代)を記入して,開催日の3日前までにお申し込みください。
※各回とも申し込み先着順で定員になり次第,締め切らせていただきます。

宮城大学公開講座「宮城大学の知―研究の最前線―」パンフレット [PDFファイル/7.88MB]


<申込先> 

宮城大学サテライトキャンパス
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1
住友生命仙台中央ビル(SS30)2階
TEL:022-716-6692 FAX:022-716-6693
MAIL:myu-satellite(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。


<問い合せ先>

公立大学法人宮城大学地域連携センター
〒981-3298 黒川郡大和町学苑1-1
Tel:022-377-8208 Fax:022-377-8282
Email:renkei(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)