ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 宮城大学公開講座「宮城大学の知―研究の最前線―」第11回を開催しました

宮城大学公開講座「宮城大学の知―研究の最前線―」第11回を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月21日更新

公開講座「宮城大学の知―研究の最前線―」 

第11回 家族が乳がんと診断された時,考えるべきこと,やるべきこと

平成30年2月17日(土曜日)午前10時30分から,宮城大学サテライトキャンパスで,宮城大学公開講座「宮城大学の知―研究の最前線―」 第11回を開催し,11名の皆さまにご参加いただきました。この公開講座は,宮城大学教員の研究成果,考えを講義し,内容は「高度な内容であっても分かりやすく」をモットーにして開催するものです。

今回は,「家族が乳がんと診断された時,考えるべきこと,やるべきこと」と題し,看護学群の菅原 よしえ教授が,女性の罹患率が最も高く,日本人の14人に1人が一生のうちに一度は経験するといわれる乳がんについて,診断された時に生じる,本人や家族への影響を具体的に説明しました。また,配偶者への看護の取り組みについてデータをもとに紹介するとともに,支えていく配偶者や家族のための心構えを示しました。                    

 菅原教授 様子
                講座の様子1                         講座の様子2


宮城大学地域連携センター
Tel:022-377-8208
E-mail:renkei(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。