ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 「一斉クリーン作戦」産官学民連携の取り組みが河北新報に掲載

「一斉クリーン作戦」産官学民連携の取り組みが河北新報に掲載

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月18日更新

平成25年11月2日(土)に、泉パークタウンの5つの地域で行われた「一斉クリーン作戦」の記事が、平成25年11月16日(土)付の河北新報朝刊に掲載されました。
タイトルは「わが街もっと住みよく 仙台・泉パークタウン 産官学民の取り組み始動」。
この取り組みは、泉パークタウン連絡協議会が中心となって取り組んでいる「産官学民共同による環境整備」の第1弾として行われたものです。
当日は地域の住民や三菱地所の社員の方々とともに、有志で参加した本学の学生および教職員が、公園の清掃を行いました。
記事では、「開かれた大学へ向け、地域と顔見知りの関係を築きたい。清掃以外にも公開講座、看護学部を生かした防災訓練など、できることはさまざまある」という西垣学長のコメントが紹介されています。
今後とも、宮城大学は地域に開かれた大学としての取り組みを推進していきます。