ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 地域連携センター > 食産業学群 企業向けセミナー(全4回)を開催します

食産業学群 企業向けセミナー(全4回)を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

食産業学群 企業向けセミナー

震災から7年が経過し,これからは復興の先を見据え,自社の強みを生かした新たなビジネスモデルを展開することが重要です。そこで,各業界における諸課題について講演し,新たな事業展開のヒントとなる情報を発信します。

一般の方の参加も受け付けておりますので,関心をお持ちの皆さまはぜひご参加ください。

第1回 10月12日 新たなコメ制度のゆくえを考える   終了しました

第2回 11月16日 先端技術を用いた次世代施設園芸の現状と今後の展望  終了しました

第3回 12月3日 日本ワインの将来を展望する  終了しました

第4回 3月1日 伝統的食資源イナゴの新たな可能性

テーマ・開催日時・会場・講師

第1回 新たなコメ制度のゆくえを考える   終了しました

日時:平成30年10月12日(金曜日) 午後3時30分~5時40分

会場:宮城大学大和キャンパス オープンスタジオ (宮城県黒川郡大和町学苑1番地1 交流棟2階)

定員:50名(先着順)

講師:食産業学群 教授  金内 誠
    食産業学群 准教授 堀田 宗徳

第2回 先端技術を用いた次世代施設園芸の現状と今後の展望  終了しました

植物が成長するためには、光合成に必要な光、水、二酸化炭素、栄養の管理が重要である。近年は、これらの環境制御技術が向上し、収量の向上と生産性の効率化に寄与している。しかし、この技術に取組むための設備は初期投資や維持費が高く、高収量が前提となることが導入の障壁となっている。
一方、小規模農家においては環境制御技術を、大規模施設よりも小規模かつ安価に導入することが可能である。これは既存の農業者にとって、栽培管理技術の向上や省力化による収益性の向上につながるとともに、新規就農など多額の初期投資が困難な場合にも有効である。

本セミナーでは、環境要因が植物の生育に大きく影響を及ぼしていることを示す研究や、実際に環境制御技術に取り組んでいる農業法人の事例を紹介する。そして小規模農家が今後取り組み可能な技術や設備についての最新の知見を紹介する。

日時:平成30年11月16日(金曜日) 午後3時30分~5時40分

会場:宮城大学太白キャンパス 多目的ホール (仙台市太白区旗立2丁目2-1)

定員:50名(先着順)

講師:食産業学群 准教授 菊地 郁
    食産業学群 講師  伊吹 竜太
 

第2回企業向けセミナー [PDFファイル/1.59MB]

第3回 日本ワインの将来を展望する  終了しました

現在、第7次ワインブームが到来する中、宮城県内にも4か所のワイナリーが誕生しました。一方、ワインの表示に関しては、「果実酒等の製法品質表示基準(国税庁告示)」が制定され、平成30年10月から基準が適用されました。ワインに産地名を記載するためには、「当該地で収穫したぶどうを85%以上使用し、当該地で醸造した場合」となりました。ツーリズムとしての可能性、県内農水畜産物とのマリアージュなど、ワインは様々な可能性を秘めています。

今回のセミナーでは、宮城大学食産業学群金内教授から日本人のワインの嗜好性や、ワインブームの背景についての講演の後、実際にワイン醸造に取り組んでいる株式会社仙台秋保醸造所代表取締役の毛利氏から、宮城県産ワインの将来展望について御講演いただきます。

日時:平成30年12月3日(月曜日) 午後1時~3時10分    

会場:宮城大学太白キャンパス 多目的ホール (仙台市太白区旗立2丁目2-1

定員:50名(先着順)

講師:株式会社仙台秋保醸造所 代表取締役 毛利 親房
    食産業学群 教授 金内 誠

第3回企業向けセミナー

第3回企業向けセミナー [PDFファイル/710KB]

第4回 伝統的食資源イナゴの新たな可能性

日時:平成31年3月1日(金曜日) 午後3時30分~5時40分

会場:宮城大学太白キャンパス 多目的ホール(仙台市太白区旗立2丁目2-1)

定員:50名(先着順)

講師:食産業学群 教授 中村 茂雄
    食産業学群 教授 石川 伸一

受講料:無料

申し込み方法

当日参加も可能ですが,資料と会場準備の都合上,Tel・Fax・E-mailにて,各回前日までお申し込みください。
※各回とも申し込み先着順で定員になり次第,締め切らせていただきます。


<お申し込み>

Tel:022-716-6692

Fax:022-716-6693ご希望のセミナー名と氏名,所属,住所,電話番号,Fax番号をご記入の上,送信してください。

E-mail:renkei-kouza(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。
件名に「食産業学群企業向けセミナー申込み」,メール本文にご希望のセミナー名と氏名,所属,住所,電話番号,Fax番号をご記入の上,送信してください。


<講演内容に関するお問い合せ>

E-mail:renkei-kouza(a)myu.ac.jp ※「(a)」を「@」に変えてご利用ください。
Tel:022-377-8319 宮城大学地域連携センター 担当:菅原 庄子

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)