ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 日渡 祐二

日渡 祐二

日渡 祐二
ひわたし ゆうじ
日渡 祐二
Yuji Hiwatashi
1971年

所属

食産業学群

学位

博士(理学) 総合研究大学院大学 2001年

E-mail

hiwatash(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222451214

Webサイト

職位

准教授

学歴

1994年 東北大学理学部生物学科 卒業
1996年 東北大学大学院理学研究科生物学専攻博士課程前期 修了
2001年 総合研究大学院大学生命科学研究科分子生物機構論専攻博士課程 修了

主な職歴

1996年 東洋紡績株式会社敦賀バイオ研究所 研究員
2001年 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 非常勤研究員
2003年 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 助手
2007年 自然科学研究機構基礎生物学研究所 助教
2012年 イギリスNational Plant Phenomics Centre, Aberystwyth University, Marie Curie Fellow

本学における担当科目

植物遺伝育種学、分子遺伝学、食材生産実習、食材生産加工実習、植物生理生態実験実習、生物概論、生命科学

専門分野

植物分子遺伝育種学、植物細胞生理学、発生進化学

所属学会・社会活動等

日本植物生理学会、日本植物学会、日本分子生物学会、American Society of Plant Biologists、Society for Experimental Biology

主な著書・論文

Hiwatashi, Y., Sato, Y., and Doonan, H.J. (2014) Kinesins have a dual function in organizing microtubules during both tip growth and cytokinesis in Physcomitrella patens. Plant Cell. 26: 1256-1266.
Mano, H., Fujii, T., Sumikawa, N., Hiwatashi, Y., and Hasebe, M. (2014) Development of an Agrobacterium-mediated stable transformation method for the sensitive plant Mimosa pudica. PLoS ONE. 9: e88611.
Aoyama, T., Hiwatashi, Y., Shigyo, M., Kofuji, R., Kubo, M., Ito, M., and Hasebe, M. (2012) AP2-type transcription factors determine stem cell identity in the moss Physcomitrella patens. Development. 139: 3120-3129.
Hayashi, K., Horie, K., Hiwatashi, Y., Kawaide, H., Yamaguchi, S., Hanada, A., Nakashima, T., Mander, L.N., Yamane, H., Hasebe, M., and Nozaki, H. (2010) Endogenous diterpenes derived from ent-kaurene, a common gibberellin precursor, regulate protonema differentiation of the moss Physcomitrella patens. Plant Physiology. 153: 1085-1097.
Okano, Y., Aono, N., Hiwatashi, Y., Murata, T., Nishiyama, T., Ishikawa, T., Kubo, M., and Hasebe, M. (2009) A polycomb repressive complex 2 gene regulates apogamy and gives evolutionary insights into early land plant evolution. Proceeding of the National Academy of Science of the United States of America 106: 16321-16326.

研究内容

コケ植物(ヒメツリガネゴケ)から被子植物(シロイヌナズナ、ニンジン、ミナトカモジグサ)まで多様な陸上植物を研究材料に、食料・バイオマス増産に必要な形質の分子基盤を研究しています。また、ゲノムエンジニアリングの手法を用いた分子育種の技術開発を行ってます。

画像

研究内容
研究内容2
研究内容3

より詳しい研究紹介

植物分子遺伝育種学研究室

講演等が可能なテーマ

植物の形作り、植物バイオテクノロジー

学生へのメッセージ

植物の形作りを制御するメカニズムの解明や、新たな機能を持つ植物の作出に取り組んでいます。植物やバイオテクノロジーに興味がある方、お気軽に研究室にお越し下さい。