ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 食産業学群 教員紹介 > 森本 素子

森本 素子

森本 素子
もりもと もとこ
森本 素子
Motoko Morimoto
1964年

所属

食産業学群

学位

博士(医学) 大阪大学 1995年

E-mail

morimoto(a)myu.ac.jp

※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください

電話番号

0222452211

Webサイト

http://researchmap.jp/mmorimoto/

職位

教授

学歴

1988年 大阪府立大学大学院博士前期課程 農学研究科獣医学専攻 修了(農学修士)
1995年 博士(医学)取得 (大阪大学 微生物病研究所)

主な職歴

昭和63年 4月 大阪府立公衆衛生研究所 病理課 研究員
平成 8年 4月 山口大学連合獣医学研究科 家畜衛生学教室 研究生
平成 9年 4月 山口大学 理学部 非常勤講師
平成10年 4月 日本学術振興会 特別研究員
平成11年11月 アメリカ合衆国 農務省 ベルツビル研究所 客員研究員
平成13年 4月 米国軍保健科学大学 博士研究員
平成16年 3月 メリーランド大学 医学部 博士研究員
平成17年 4月 宮城大学 食産業学部 講師
平成20年 4月 同 准教授
平成22年 4月 同 教授

本学における担当科目

分子生物学、動物生産実習、動物実験および実験法ⅠⅡ、動物機能形態学、動物衛生学、ファームビジネス基礎研究、卒業研究

専門分野

動物免疫学

所属学会・社会活動等

日本獣医学会、日本免疫学会、東北免疫研究会、過熱水蒸気による‘食’の研究会、東北畜産学会 、獣医寄生虫学会

主な著書・論文

<著書>PCR Primer, second edition, 2003
<論文>Regulation of type 2 diabetes by helminth-induced Th2 immune response. The Journal of Veterinary Medical Science, 2016
<論文>Mechanisms Involved in the Development of the Chronic Gastrointestinal Syndrome in Nonhuman Primates after Total-Body Irradiation with Bone Marrow Shielding. Radiation Research, 2016
<論文>Impairment of Host Resistance to Helminthes with Age in Murine Small Intestine. Parasite Immunology, 2014
<論文>Type2 Immune responses against gastrointestinal nematode parasites, Jpn. J. Vet. Parasitol,2013
<論文>Orally administered rutin inhibits the gene expression of th2 cytokines in the gut and lung in aged mice. The Journal of Veterinary Medical Science,2011
<論文>Th2 immune responses and alternatively activated macrophages (AAMacs) in helminth infection in aged mice. The Journal of Veterinary Medical Science, 2011
<論文>Critical role of IL-25 in nematode infection-induced alterations in intestinal function.Journal of Immunology, 2010
<論文>IL-13 receptor alpha2 regulates the immune and functional response to Nippostrongylus brasiliensis infection. Journal of Immunology, 2009

研究内容

病原体から体を守る仕組みが免疫です。病原体にはウイルス、細菌、真菌、寄生虫などがあり、それぞれ異なる反応が起こります。細菌やウイルスのように細胞の中に感染するタイプの病原体が進入すると1型免疫応答が、線虫のように細胞の外に感染するタイプの病原体が進入すると2型の免疫応答が起こります。当研究室では、主に、2型免疫応答の作用機序について研究を進めています。
【おもな研究】(1)消化管粘膜免疫における2型サイトカインおよびそのレセプターの研究 (2)酸化ストレスと2型免疫応答の研究 (3)非炎症性マクロファージと糖尿病に関する研究 (4)加齢期の免疫応答

画像

2型免疫応答のしくみ

より詳しい研究紹介

動物免疫学研究室

講演等が可能なテーマ

動物の病気と免疫のしくみ
女性とキャリア

学生へのメッセージ

免疫系のしくみに興味がある人はぜひ一緒に勉強しましょう。