准教授

鳥羽 大陽

鳥羽 大陽

Taiyo Toriba

1980年 4月 15日

所属 食産業学群
学位 博士(理学)
E-mail toribat(a)myu.ac.jp
※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください
電話番号 022-245-1268
Webサイト https://researchmap.jp/taiyo_toriba
シーズ集 イネの形作りを遺伝子レベルで解明し,新しい水稲生産の実現を目指します

職位

准教授

学歴

2004年3月 東京大学農学部応用生物学専修 卒業
2006年3月 東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻修士課程修了
2009年3月 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻博士課程修了

主な職歴

2009年4月   東京大学大学院理学系研究科 特任研究員, 特任助教等 (~2013年3月)
2013年5月   Monash university 日本学術振興会特別研究員PD (~2014年11月)
2014年11月 自然科学研究機構基礎生物学研究所 日本学術振興会特別研究員PD
     (~2016年3月)
2016年4月  東北大学大学院生命科学研究科 助教 (研究特任) (~2020年3月)

本学における担当科目

食材生産概論, 食材生産・加工実習, 植物性食材生産学I(食用作物), 植物性食材生産実験実習I

専門分野

植物発生遺伝学, 育種学, 作物形態学

所属学会・社会活動等

日本遺伝学会,日本育種学会,日本植物生理学会,日本植物学会

主な著書・論文

<著書> 「タイトル」(出版社,出版年)

  1. Two-Color In Situ Hybridization: A Technique for Simultaneous Detection of Transcripts from Different Loci. In: Yamaguchi N. (eds) Plant Transcription Factors. Methods in Molecular Biology. 鳥羽大陽, 平野博之(担当:共著, 範囲:vol 1830, 269-287) (Humana Press, New York, 2018)
  2.  Flower Development in Rice In The Molecular Genetics of Floral Transition and Flower Development, Fabio F. (ed), Advences in Botanical Research. 田中若奈, 鳥羽大陽, 平野博之(担当:共著, 範囲:vol 72, 221-262) (Elsevier Ltd. 2014)
  3. Grass Flower Development In: Riechmann J., Wellmer F. (eds) Flower Development. Methods in Molecular Biology (Methods and Protocols). 平野博之, 田中若奈, 鳥羽大陽(担当:共著, 範囲:vol 1110, 57-84) (Humana Press, New York, 2013)

<論文>

  1. Suppression of Leaf Blade Development by BLADE-ON-PETIOLE Orthologs Is a Common Strategy for Underground Rhizome Growth. Toriba T., Tokunaga H., Nagasawa K., Nie F., Yoshida A. and Kyozuka J.
    (Current Biology, 2020)
  2. BLADE-ON-PETIOLE genes temporally and developmentally regulate the sheath to blade ratio of rice leaves. Toriba T., Tokunaga H., Shiga T., Nie F., Naramoto S., Honda E., Tanaka K., Taji T., Itoh J.-I. and Kyozuka J.
    (Nature Communications, 2019)
  3. BELL1-like homeobox genes regulate inflorescence architecture and meristem maintenance in rice. Ikeda T., Tanaka W., Toriba T., Suzuki C., Maeno A., Tsuda K., Shiroishi T., Kurata T., Sakamoto T., Murai M., Matsusaka H., Kumamaru T. and Hirano H.-Y.
    (The Plant journal, 2019)
  4. Three TOB1-related YABBY genes are required to maintain proper function of the spikelet and branch meristems in rice. Tanaka W., Toriba T. and Hirano H.-Y.
    (New Phytologist, 2017)
  5. Analysis of Rhizome Development in Oryza longistaminata, a Wild Rice Species. Yoshida A., Terada Y., Toriba T., Kose K., Ashikari M. and Kyozuka J.
    (Plant & Cell physiology, 2016)

研究内容

イネを中心とした作物の形作りを遺伝子レベルから圃場レベルまで解明します.
作物の持つ生命力, そのポテンシャルを解明し, 人類のために生かすことを目指します.

講演等が可能なテーマ

遺伝子によるイネの形作り, 植物バイオテクノロジー

学生へのメッセージ

水田でイネを研究しませんか?
時には長靴を履き, 時には白衣を着て, イネやその仲間の作物を探求しています.未来の作物を生み出すことを目指しています.

TOP