准教授

後藤 篤

後藤 篤

Atsushi Goto

所属 看護学群
学位 修士(教育学) 埼玉大学 2010年
E-mail gotoua(a)myu.ac.jp
※メール送信の際には「(a)」を「@」に変えてご利用ください
電話番号 0223778248
Webサイト https://researchmap.jp/a.gotoh
シーズ集 学校教育は子どもたちの生活といかに向き合っていくべきかーその可能性と限界

職位

准教授

学歴

2008年3月 岩手大学教育学部 卒業
2010年3月 埼玉大学大学院教育学研究科 修了 修士(教育学)
2018年9月 一橋大学大学院社会学研究科 単位取得退学

​​​​​​​

主な職歴

2014年10月 東京保育専門学校 非常勤講師
2015年09月 さいたま市立高等看護学院 非常勤講師
2015年10月 関東学院大学 非常勤講師
2015年10月 東邦大学 非常勤講師
2017年04月 埼玉医科大学短期大学 非常勤講師
2017年10月 奈良教育大学 特任講師
2018年10月 三重大学 非常勤講師

本学における担当科目

教育学概論,教職論,教育課程論,看護教育学,卒業研究

専門分野

教育学(教育思想,教育実践史)

所属学会・社会活動等

日本教育学会,教育史学会,教育思想史学会,日本生活指導学会,一橋大学〈教育と社会〉研究会

主な著書・論文

<著書>

  • 学校教育におけるSDGs・ESDの理論と実践(協同出版,2021)
  • アクティベート教育学01 教育原理(ミネルヴァ書房,2020)
  • 近代日本の人間形成と学校―その系譜をたどる(クレス出版,2013)

<論文>

  • 「昭和三陸地震」後の岩手県気仙郡における生活指導実践―立根尋常高等小学校・柏崎栄の綴方論を手掛かりに―(生活指導研究,2020)
  • 教室はわたしたちの遊び場―津波被災地の小学校と子どもたちの文化創造―(奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要,2020)
  • 大正初期の地方教育会雑誌にみられる西洋教育思想理解―大正新教育前夜の思想風景―(奈良教育大学紀要,2019)
  • 道徳の特別教科化の課題をふまえた実践開発と教師教育での活用―ケアと社会参加に注目した道徳教育を通して(奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要,2019)
  • 「あの日」の子どもらと、目の前にいる子どもらが共に生きていけるように―東日本大震災後、取り組んできた実践を振り返って―(奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要,2019)
  • 新学習指導要領における特別活動の理論的課題―竹内常一の1970-80s生活指導論を手掛かりにして―(奈良教育大学紀要,2018)
  • 生活指導の思想史序説―1920‐30sにおける生命主義の問題―(一橋大学〈教育と社会〉研究,2017)
  • 峰地光重の「文化的慣習」論と生活訓練―生活指導の訓練論的展開に関する考察(一橋大学〈教育と社会〉研究,2013)

研究内容

教育の歴史,思想,実践についての研究を専門としています。主に,度重なる災禍が日本社会,東北地方を襲った1910‐30年代の小学校教師たちの思想,実践を対象としています。加えて,東日本大震災後の津波被災地の学校現場における取り組みについて,当事者との対話をもとに共同研究を進めています。

講演等が可能なテーマ

「復興」と教育の社会史,新教育課程と特別活動,道徳教育

学生へのメッセージ

大学での学びは,“問い”をつくることから始まりますが,そのきっかけになるのは,他者と出合い,出合いなおすことだと思います。私もまた,このことを心がけて教育研究に取り組んでいます。

ともに学び合えるのを楽しみにしています。

TOP