ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > キャリア支援 > キャリア教育(食産業学部)

キャリア教育(食産業学部)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月11日更新

各学年向けセミナー(3年生以外)

 1・2年生向けキャリアセミナー

 入学式直後に一年生向けのキャリアセミナーとして、大学生活の過ごし方についてDVDを鑑賞し、キャリア開発センター副センター長の須田先生からお話しました。

4年生・研究科2年生向けセミナー

 新年度に入ってすぐに、就職活動の状況や、今後のスケジュール、自分の活動の振り返りなどを考えるセミナーを開催しました。早い人はすでに内定をもらっている時期。焦る気持ちや生まれる迷いを手厚く指導しサポートします。

4年生・M2生再スタートセミナー写真 

3年生向けの取り組み

 必修科目 産業実習(インターンシップ)

 食産業学部では、3年生の前期必修科目として「産業実習」があります。この授業の中で、学生は一通りビジネスマナー等を身につけ、全員が夏季休暇中にインターンシップに参加します。インターンシップから帰ってくると、インターンシップ報告会を開催し、それぞれの学びを紹介します。昨年度は、報告された中から各学科で代表者を選抜し、大学祭でポスター展示と発表を行いました。

 インターンシップ報告会の様子 

必修科目 キャリア開発

 食産業学部3年次後期になると、企業研究、面接、そしてグループディスカッションなどについても実践的にトレーニングする「キャリア開発」の講義があります。実際の就職活動のタイミングと合わせた内容となっています。

学内企業説明会

 お声掛けいただいた企業の個別説明会を随時開催しております。

R-CAP

 後援会からの支援により、株式会社リアセックが開発した自己分析・適職発見プログラム「R-CAP」を3年生全員が受験しました。これにより、自分の性格や軸を見直す機会となりました。

全学年対象イベント

 業界研究会

 太白キャンパスでは、昨年度より11月に県内外から20社程度の企業をお招きし、カフェテリアで業界研究会を開催しております。学生の参加者のほとんどは3年生ですが、意識の高い2年生や1年生も参加します。企業の人事の方に業務内容や業界についてお話しいただきます。実際に企業で活躍するOB・OGが説明者として参加する場合もあり、自分の将来像を考える貴重な機会となっています。

 業界研究会の模様

個別指導

 その他にも、キャリア開発センターでは、進路についての簡単な相談から、面接トレーニングや履歴書の添削まで、予約制で個別に指導しています。