ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > キャリア支援・インターンシップ > 宮城大学のキャリア教育について

宮城大学のキャリア教育について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月9日更新

 看護学群のキャリア支援

看護学群では一人ひとりの自己実現のために、そして看護職として自律した社会人となれるようキャリア支援を行っています。

 卒業後の進路

●病院や施設・地域で働く看護師
●自治体や企業の保健師
●小・中・高特別支援学校の養護教諭
●大学院や助産師養成校への進学

  看護学群において卒業時に取得できる資格・免許は、「看護師国家試験受験資格」が全員、保健師教育課程を選択した学生は「保健師国家試験受験資格」、養護教諭教育課程を選択した学生は「養護教諭一種免許状」を取得できます。

 キャリア教育

  1・2年次からキャリアガイダンスを実施し、看護師や保健師、養護教諭として活躍するOB・OGの話を聞き、職業観を養います。3年次からは「医療機関研究セミナー」や「公務員(保健師)セミナー」「教員採用試験(養護教諭)セミナー」等の学内行事を通して、個々の個性や適正に応じた職業を自ら選択できる能力を育成します。

 就職・進学相談

  4年次は学群のキャリア担当教員による、就職や進学についての「個別相談」を計画的に実施しています。キャリア開発センターは、就職試験にむけたエントリーシート作成支援、面接対策などの支援をします。また、進路指導員による相談も随時行っています。

 国家試験対策

  「看護師」「保健師」は、国家試験の合格をもって資格が得られますので、模擬試験や模擬試験解説会、直前対策講座など多くの支援を行っています。また国家試験合格にむけて、看護学群の専門教員によるサポート体制を構築しています。 

 事業構想学群のキャリア支援

事業構想学群では、1年次生から4年次生まできめ細やかなキャリア教育と就職活動に対する支援を行っていきます。

事業構想学群は、多様な進路を特徴としており、学生の特性にあったキャリア形成を支援します。

近年では高い就職内定率はもとより、有力企業への就職者も増加しています。公務員志望者には、入学時より体系的な学びの指導を実施しています。民間企業では、金融、情報通信、小売・卸、製造業など多様な業種に就職しており、指導的人材としての“総合職”希望者が多いですが、建築士やデザイナー、Web開発者など“専門職”への道も開かれています。

事業キャリア

 食産業学群のキャリア支援

食産業学群では、1~2年次で進路選択とキャリア形成に必要な情報に触れて自己を知り、3~4年次ではどのように自己を表現し、振る舞い、自己と企業のマッチングを図るか、実践的演習を交えながら食産業界で豊富な経験を持つ教授陣によって以下の項目を徹底指導します。

食産業学群のキャリア支援