ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 法人概要 > 第48回理事会議事録

第48回理事会議事録

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月14日更新
第48回公立大学法人宮城大学 理 事 会(平成23年11月定例会)
開催日時平成23年11月30日(水)15時02分~16時28分
開催場所大和キャンパス本部棟4階 応接会議室
出 席 者西垣理事長,佐藤副理事長(総務企画担当),井上理事(教育研究担当),佐々木理事(人事労務担当),大和田理事(財務担当),園部理事(地域連携担当),加藤理事(特命事項担当),弦本副学長,庄子監事,成田監事
《構成員7名中7名出席》
欠 席 者なし
事 務 部千葉事務部長,菊田総務課長,小山学務課長,佐藤総務学務課長,吉田総務GL
議事概要 1 理事会議事録
(1)第47回理事会議事録の確認について
  議事録原案に対する意見を求めたところ,異議がなく,原案どおりとすることが確認された。

(2)第48回理事会議事録署名人について
  今回理事会の議事録署名人として議長のほか,園部理事及び加藤理事を指名した。

 2 議  事
(1)宮城大学教職員倫理憲章(案)について 議案1
本学の目的と理念に基づき、地域における高等教育機会の提供と地域社会での知的・文化的拠点としての期待に応え、支持される大学をつくりあげるため定めた宮城大学教職員倫理憲章について佐藤副理事長から説明があり,この制定について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(2)宮城大学学則の一部改正について 議案2
3年次編入学定員の調整を行ったことに伴い食産業学部の学科別収容定員の一部を改めることについて弦本副学長から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(3)宮城大学学位規程及び宮城大学学生納付金規程の一部改正について 議案3
今後想定される博士後期課程単位取得満期退学者及び論文博士への学位授与に関する申請,審査,審査手数料等の規定追加について弦本副学長から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(4)公立大学法人宮城大学役員報酬等規程の一部改正について 議案4
宮城県において「職員の給与に関する条例」等関係規則の改正があったことから当該趣旨にならい,人事院勧告内容に準じた役員報酬の引き下げについて佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(5)公立大学法人宮城大学賃金規程の一部改正について 議案5
宮城県において「職員の給与に関する条例」等関係規則の改正があったことに準じた教職員の給料月額の引き下げ及びこれに伴う所要の改正について佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(6)地域振興事業部調査研究員等の賃金の特例等に関する規程の一部改正について 議案6
宮城県において「職員の給与に関する条例」等関係規則の改正があったことに準じた地域振興事業部調査研究員の給料月額の引き下げについて佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(7)平成23年度公立大学法人宮城大学宮城認定看護師スクールの専任教員に係る雇用条件等に関する規程の一部改正について 議案7
今回の公立大学法人宮城大学賃金規程の一部改正に伴い専任教員の給料月額を引き下げることについて佐々木理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(8)公立大学法人宮城大学教員研究費要綱の一部改正について 議案8
年度途中採用者など所定の期日に研究費の配分決定を受けられなかった教員に対する配分額の決定方法について井上理事から説明があり,この改正について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(9)教員人事(看護学部採用)について 議案9
平成24年4月1日付け採用の教員人事について,人事委員会の選考の結果,看護学部所属の成熟期看護学(老年看護学領域)を専攻する准教授として○○○○氏が採用候補者となったことについて佐々木理事から説明があり,この採用について諮ったところ,異議なく全員一致で承認された。

(10)事務職員人事(経験者及び任期付専門職員(司書)採用)について 議案10
中期計画に基づき平成24年4月1日付けで採用する事務職員(経験者)及び任期付専門職員(司書)の選考過程について佐々木理事から説明があり,3名の事務職員及び1名の専門職員の採用内定について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。

(11)任期付専門職員(調査研究業務)の任期更新について 議案11
平成24年3月31日で任期満了となる地域振興事業部調査研究員4名の実績等評価結果について佐々木理事から説明があり,その任期更新について諮ったところ,異議なく全員の任期を平成27年3月31日まで更新することが承認された。

(12)平成24年度予算編成の基本方針について 議案12
財務運営要綱第8条の規定により各予算責任者に示す必要がある平成24年度予算編成の基本方針について大和田理事から説明があり,この基本方針について諮ったところ,異議なく原案どおり承認された。併せて,この基本方針は予算要求書様式等を添付の上,12月初めに各予算責任者あて通知することが説明された。

(13) 平成24年度計画策定の基本方針についてについて 議案13
平成24年度予算案策定と並行して進めることとする平成24年度計画策定の基本方針について佐藤副理事長から説明があり,この基本方針について諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。

(14) 宮城大学研究費経理調査委員会調査結果について 議案14
「研究機関における公的研究費の適正な執行等のための取組の徹底について」(平成23年8月19日付け23文科振第196号)により実施した公的研究費の不適切な経理に関する調査の結果,本学において「預け金及びプール金はなかった」との結論に至ったことについて園部理事から説明があり,このとおり文部科学省へ報告することについて諮ったところ,異議なく原案のとおり承認された。
併せて,教員による発注物品の検収体制が必ずしも十分でない旨の報告もあった。これに対し大和田理事から当該検収体制については現在検討中である旨の説明があった。
調査の概要は次のとおり。
・文部科学省から通知のあった調査対象機関は,文部科学省所管の国公私立大学・短大・高等専門学校等。
・対象経費は,研究活動のための公的資金。
・対象期間は,平成20年度から平成23年7月末日まで。
・調査事項は,預け金及びプール金の有無。
・本学において行った調査方法は,
1.全教職員からの自己申告書の徴収,
2.出納書類の抽出調査及び一部教員聞き取り調査,
3.抽出業者に対する預り金照会調査。
・当該調査のため,法人役職員及び県職員で構成する調査委員会を設置した。

 3 報告事項
(1)滞留債権(学生納付金)について 報告事項1
大和田理事から,11月24日現在の平成23年度の未収納付金(2名分)及び過年度未収納付金について報告があった。併せて法人移行時に県から債権譲渡された未収納付金についても報告があった。

(2)東日本大震災被災世帯の学生に対する入学金及び授業料の減免について 報告事項2
大和田理事から,11月24日現在の平成23年度の未収納付金(2名分)及び過年度未収納付金について報告があった。併せて法人移行時に県から債権譲渡された未収納付金についても報告があった。

(3)研究室の移動及び行動の制限について 報告事項3
佐々木理事から,11月28日から復職した○○学部○○教授に対し研究室の移動及び行動の制限を行ったことについて報告があった。

 4 その他
・ 西垣理事長から,泉区役所と泉区内5大学との連携協定に基づき,地域に宮城大学のイベントを紹介するニュースレター「Myu Now」を12月から発行することについて紹介があった。
・ 次回理事会開催日は,12月21日(水)午後4時から開催することとされた。

以上     .
   この議事録は,公立大学法人宮城大学第48回理事会議事録である。
平成23年12月21日   .
公立大学法人宮城大学理事会議  長西 垣  克
理  事園 部  尚
理  事加 藤  徹