ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホーム > 宮城大学オープンキャンパス > 【フードビジネス学科】オープンキャンパス(in太白キャンパス)のレポート

【フードビジネス学科】オープンキャンパス(in太白キャンパス)のレポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月29日更新

7月20日(日)に開催した、オープンキャンパス2014夏(in太白キャンパス)より、フードビジネス学科に関する企画の実施内容をご紹介します。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

研究紹介

演習室カフェの様子

演習室カフェの様子三石誠司教授と谷口葉子助教の研究室を開放すると共に、卒業研究に取り組む4年生が使用している共同演習室を「演習室カフェ」として開放し、訪れる方々とじっくり話をしたり、経済学に基づくゲームを行って交流しました。

 

 

 

 

 

ミニ実験の様子

ミニ実験の様子

西川正純教授と木下英樹助教による研究紹介では、食品からのコレステロールの検出や微生物の顕微鏡観察のミニ実験が行われました。

 

 

 

 

 

模擬講義

模擬講義の様子

模擬講義では、津志田藤二郎教授が嗜好感覚の不思議について、川村保教授が身近な食品の企業間競争についてわかりやすく解説し、大勢の高校生が熱心に聞き入っていました。

 

 


オープンキャンパス2017 Index
高校生・受験生向けサイト